• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 上下水道工 > 下水道管路更生工 FRP内面補強工法(熱硬化・光硬化)|FRP工法協会
  • 熱硬化・光硬化により高強度のFRP 管を形成
    熱硬化・光硬化により高強度のFRP管を形成本
  • 本管部分補修用可変施工機・ロング施工機
    本管部分補修用可変施工機・ロング施工機

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概 要

地下に埋設された下水道管路内で発見された不良箇所に対して、不良箇所に最適な施工機を至近の既設マンホールより投入・移送することで、短時間で的確かつ効率的に部分補修が可能な工法。
 
耐久性・耐薬品性能の高いビニルエステル樹脂(エポキシアクリレート)と耐薬品性能の高い耐酸性ガラス繊維および不織布を補強材とした熱硬化補修材を施工機に装着し、目的の不良箇所に移送する。
補修箇所に到達した施工機により管壁面に補修材を加圧密着させ、内蔵のヒーターで加熱硬化させることにより、高強度のFRP管を形成する工法である。
本管・取付管部分補修および一体補修が可能。
(公社)日本下水道新技術機構より建設技術審査証明を取得している。
 
 

特長(熱硬化・光硬化共通)

1 )補修目的により、補修材を標準Ⅰ (補強・止水)、標準Ⅱ (二層構造管)、標準Ⅲ (自立管相当)、更生管対応一体型、
  ならびにレベル2 対応の耐震機能型から選択できる。
2 )ビニルエステル樹脂・耐酸性ガラス繊維の使用により優れた耐食性、耐薬品性・耐ストレインコロージョン性を有する
 (JSWAS K-2 、JIS K 7034)。
3 )更生(補修)材は、日本下水道事業団の防食D種の品質規格適合材である。
4 )外水圧、内水圧に耐える強度を有する(φ150〜φ1500、外水圧0.08MPa、内水圧0.05MPaの耐水圧)。
5 )耐高圧洗浄性は15MPaで、剥離・破損が見られない。
6 )耐摩耗性能はJIS A 1452に準拠し、JSWAS K-1 「下水道用硬質塩化ビニル管」と同等以上の耐摩耗性を有する。
7 )補修材の粗度係数は下水道用塩ビ管と同等のため、既設管流下能力を保持する。
8 )補修材料は、本管更生(50年仕様)と同等以上の高強度で耐久性に優れた材料。
9 )施工装置はコンパクトで、1箇所あたりの施工時間が短く経済的。
 
取付管管口の経年劣化
 
工法断面図
 工法断面図
 
 

FRP内面補強工法(光硬化)

補修材として光硬化性樹脂を用いた材料(ソフトスリーブ)を使用し、施工機に内蔵した紫外線ランプを照射すると、補修材が短時間で硬化する。
 
・ 適用範囲:φ150〜700(熱硬化・光硬化)、φ750〜1500(熱硬化のみ)
・ 管種:鉄筋コンクリート管、陶管、硬質塩化ビニル管、更生管、コンクリート製ます
 
 
 


電子カタログPDF

FRP内面補強工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

FRP工法協会
TEL : 03-3355-1525     FAX : 03-3355-5786
http://www.frp-method.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧