• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 共通工 > 法面工 無足場ロックボルト工法|高所機械施工協会
NETIS登録番号:KT-010007-V、KT-160024-A
  • 07-1が削孔作業を行う
    07-1が削孔作業を行う
  • 施工図(左)と、削孔作業中のARM07-2
    施工図(左)と、削孔作業中のARM07-2

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

無足場ロックボルト工法とは

従来の工法では、仮設足場にボーリングマシンを設置し、施工していた高所法面のロックボルト工事を、
アンカーロックマシン(ARM)を使用して施工するのが「無足場ロックボルト工法」である。
法面上部に設けたアンカーとARM を、ロッククライミングマシーン(RCM)と同様に2本の強靭なワイヤーで接続し、
安全を確保した上で作業を行う。
 
導入当初は、工期短縮や作業の効率化といった面で成果を挙げたが、整形した法面のフレーム上で使用すると、
フレームの表面を傷つけてしまうという課題があったが、脱輪防止装置等、
独自開発した技術を採用して課題を克服したARM07型が完成し、より安定した施工が可能となった。
また、ARM13をはじめとした2重管削孔専用機もスタンバイしており、あらゆる土質、地層に対応できる工法である。
 
 

ARM 導入の主なメリット

1 .足場設置の必要がなくなり、作業人員が少なくて済み、工期が短縮できることから、経済性に優れている。
2 .専用ラジコンで遠隔操縦するので、作業員が危険な場所に立ち入ることなく、安全に作業ができる。
 
 

無足場短管削孔機 ARM07-2

ARM07-2は、強力なウインチをはじめ、脱輪防止装置や4脚同期機構(8脚の機体もあり)、
スパンナー装置(横移動するための装置)等、フレームで整形された法面をスムーズに移動するための
さまざまな機能を搭載している。
90度の急斜面でも施工が可能である。
掘削能力については、掘削機のブームを上下左右に角度調整できるので、作業位置1カ所で最大3本分の削孔ができる。
さらに、孔壁を作りながら削孔するグラウト回転ドリル工法を採用すれば、自立しない不安定な地層でも削孔が可能。
さまざまな装備により効率的な施工が可能になったARM07は、現在も改良を重ね、施工能力を向上させている。
 
 

無足場8 脚走行2 重管削孔機 ARM13-3

最新型のARMである、ARM13-3は、高所法面を移動するための機能はARM07-2と同様で、
2重管削孔が可能となったことが最大の特長である。
削孔後の孔壁が自立し、落盤しない土質で施工する単管削孔に対して、
孔壁が自立せずに落盤する土質においても削孔ができる2重管削孔に対応したことで、
本工法は、さらに幅広い高所法面工事の需要に対応できるようになった。
 
斜面を走行するARM13-3
斜面を走行するARM13-3
 
ARM13-3の横移動
ARM13-3の横移動
スパンナー装置が横に張り出して、タイヤを横のフレームに置くことで、スムーズな横移動ができる。
 
 
 


電子カタログPDF

無足場ロックボルト工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

高所機械施工協会
TEL : 0475-36-7705     FAX : 0475-36-7305
http://www.rcm-a.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧