• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 道路維持修繕工 > 補修・補強工|可塑状グラウト空洞充填工法 TG-NAP工法|可塑状グラウト協会

  • トンネル内圧送管設置状況

  • 特殊ミキシングユニット



 

概要

可塑状グラウト空洞充填工法である「TG-NAP工法」は、数多くの注入実績がある「エアパック工法」と同じく、水に強く限定注入ができる可塑性状を持つ空洞充填材である。特殊安定剤、特殊粘着剤を混和したセメントスラリーA液と、アルミニウム塩を主成分とする特殊可塑剤を溶解したB液の二液を別々に注入箇所まで圧送し混合することで瞬時に可塑状グラウトを生成し空洞に注入充填する工法である。
 
新開発の無機系特殊安定剤は、セメント水和抑制(凝結遅延)および材料分離抑制の優れた性能を持っており、A液に混和することで長い使用可能時間(24時間)の確保、ブリージングの低減を実現し、1,000m以上の圧送も可能である。
 
また可使時間の確保により、一時的な作業休止であれば圧送管内に残置したグラウト材を再度圧送することが可能で、圧送管洗浄回数の削減や産業廃棄物の削減も期待できる、構造物のリニューアル、補修・補強にも適した工法である。
 

TG-NAP 工法 施工イメージ図




 

適用範囲

・道路、鉄道、農業、電力などの各種トンネルの背面空洞
・河川構造物、港湾構造物などの水と接する背面空洞
・限定注入が要求される施工箇所
・長距離圧送が必要な施工箇所
 
 

特長

1.可塑性状なので、限定注入が可能で充填性が良い。
2.水があっても希釈されず、均一な固結強度が得られる。
3.特殊安定剤の混和で可使時間24時間を確保。
4.水洗い削減で、注入時間の確保、排出液の減少を実現。
5.ブリージングの低減により長距離圧送が可能。
6.固結後は清水・海水中でも長期に安定。
 


  • 二液混合後の可塑性状

  • 水中注入状況



 


 

使用材料




 


電子カタログPDF

TG-NAP工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

可塑状グラウト協会
TEL : 03-3208-8660     FAX : 03-3208-8509
http://www.kasojyo-g.com/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧