• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 共通工 > 排水構造物工 ネプラス工法(側溝上部改修工法)|高橋土建株式会社(ネプラス工法全国会 本部)
NETIS登録番号:(旧)HR-060021-VE

  • 施工風景

  • 構造物近接箇所の施工例

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概 要

「ネプラス工法」は、側溝上部の損傷がある箇所のみを独自開発の横切りカッターで切断後、上部補強金具を設置する工法。周囲を掘削する必要がないので施工日数が大幅に短縮でき、また建設廃材がほとんど出ないというメリットがある。
NETIS登録:(旧)HR-060021-VE(平成24年度活用促進技術)
「Made in 新潟」プラチナ技術

 
サイドカッティングマシン
サイドカッティングマシンの開発により、従来より格段に短い時間で安全に施工できる。
レールが設置できる幅(5cm程度)があれば、片側に障害物があっても切断できる。
 
 

特 長

1.建設廃材を従来の80%削減し、掘削残土も発生しない
従来の側溝をすべて取り替える方法では、損傷のない下部も捨てるため資源を無駄にしてしまうというデメリットがあった。本工法では、傷んだ上部のみ切り取り、下部はそのまま使用するため建設廃材を大幅に削減できる。
また周りの地盤を掘削する必要がないため、残土が発生しない。
 
2.構造物が接近していても施工可能
側溝の内側から切断するので、周りの地盤を荒らすことがなく、接近している構造物にも影響を与えない。
 
3.即日交通開放が可能
8〜10mの施工が1日で完了するので、周辺住民への影響も最小限で済む。
 
4.施工費・社会的損失の削減
既設の側溝下部がそのまま使えるので、仮排水路が不要。そのため工期を大幅に短縮でき、施工費を削減できる。また、工事による交通規制期間を短くできることにより、社会的損失も削減できる。
 
 

従来工法との施工手順比較

従来工法との施工手順比較
 
 

製品タイプと適用範囲

●ネプラス縦断タイプ:
一般的な道路側溝上部修繕に用いる標準タイプ。路側タイプ、消音タイプ、暗渠タイプ等、現場に合わせて選択できる。
 
●ネプラス横断タイプ:
道路横断箇所、重車両等の乗り入れ口に適したタイプ。コンクリート部分はアングルと一体化しており、強度がある
ので長期の使用が可能である。


  • 縦断タイプ(写真は路側タイプ)

  • 横断タイプ



 
 


電子カタログPDF

ネプラス工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

高橋土建(株)
TEL : 0254-21-5888     FAX : 0254-21-5777
http://www.t-doken.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧