• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 基礎工 > 鋼管・既設コンクリート杭打設工 TGパイル工法 TG-m工法|タイガー産業株式会社

  • 杭先端部形状

  • 現場での杭施工(建て込み前)



 

【TGパイル工法】

鋼管杭の先端に取り付けられた先端掘削刃と螺旋翼(回転翼)が一体となった構造によって強い回転力と押込み力を発生させる回転鋼管杭工法である。TG パイル工法は、回転力と押込み力による無排出土施工が可能となり、施工性の向上や工期短縮による経済性の向上に加え、排出残土が出ないことから環境負荷の軽減等、様々な効果が期待できる。
 
 

特長

1 .杭打ち機械を選ばない優れた施工性
杭の打込みに際して、小型杭打機の他、施工条件によりバックホウや建柱車などでの施工が可能。また、現場への資機材搬入時も小型トラックで可能なことから、現場での省スペース化、および狭小地での作業も容易である。
 

2 .掘削・残土処理を不要とする高い経済性
先端掘削刃と螺旋翼が一体化された鋼管杭先端構造となっていることから、無排出土施工が可能。そのため、杭建て込み前の掘削作業や杭打設後に発生した残土の処分は不要となり、工期短縮やコスト縮減が期待できる。
 
3 .環境負荷を大幅に軽減
鋼管杭を建て込む際、打撃工法では大きな騒音・振動が発生するが、TGパイルは杭先端部の工夫により騒音・振動を大幅に軽減する。また、無排出土施工により残土処理が不要となることから、従来工法と比較して周辺環境への負荷を大幅に軽減することができる。
 
4 .高い支持力と引抜耐力による幅広い施工範囲を実現
独自の先端形状により、高い支持力を実現した。同時に引抜耐力が高いため(GBRC性能証明取得済)、鉄塔など幅広い分野での採用が可能である。
 
5 .豊富なサイズラインナップ
杭(軸)径は139.8㎜、165.2㎜、190.7㎜、216.3㎜、267.4㎜、318.5㎜と6種類。翼径は350㎜から50㎜ピッチで800㎜まで揃え、細かな顧客・現場ニーズに対応している。
 
 

TGパイル工法施工概要




 

【TG-m 工法】

TGパイル工法の技術を使用した小規模住宅用の地盤補強工法である。TGパイルの特長を生かし、かつ沖縄特有の粘土質・琉球石灰岩地盤の施工にも大きな効果を発揮する。
 
国土交通大臣認定工法(TACP0469、0470)取得
・一般財団法人日本建築総合試験所(GBRC)性能証明
 (第14-31号改1、第15-26号)取得


電子カタログPDF

TGパイル工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

タイガー産業株式会社
TEL : 098-982-1888     FAX : 098-982-1857
http://www.tiger-sg.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧