• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 道路維持修繕工 > 補修・補強工 スラメント工法|可塑状グラウト協会
NETIS登録番号:KT-140080-A/NNTD登録番号:1149
  • 注入プラント設置状況
    注入プラント設置状況
  • 2,000m長距離圧送試験状況
    2,000m長距離圧送試験状況

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概要

新しい可塑状グラウト空隙充填工法「スラメント工法」は、スラグを主成分とする非セメント系充填材を用いたもので、長い硬化遅延性を持ち、2種類の可塑剤により安定した可塑性能を有する、二液比例注入方式として確立した、構造物のリニューアル、補強、補修に適した工法である。
 
スラグの緩やかな硬化性を生かし、1日以内の作業休止であれば圧送管内にグラウト材を残置でき、日々の注入設備の水洗いが不要となり、注入時間の確保、排出液の削減を実現した、長距離圧送に非常に適した工法である。
 
 

適用範囲

●施工箇所とプラント設置場所が離れている場合
●施工時間や規制に制約がある場合
●作業区間が長く、長距離圧送が必要な場合
●大型工事車両が入れない小断面トンネル等の場合
 
 

特長

1.非セメント系で長距離圧送(実績2km)に優れる。
2.可使時間は24時間と長時間。
3.1日以内の作業休止であれば水洗いが不要。
4.水洗い削減で、注入時間の確保、排出液の減少を実現。
5.2種類の可塑剤使用により可塑性能が安定。
6.地下水による希釈や潮の干満の影響を受けない。
7.固結後は清水・海水中でも長期に安定。
8.充填性に優れており、限定注入が可能。
 
 

使用材料

 
使用材料
 

スラメント工法 施工イメージ図

 
スラメント工法 施工イメージ図
 
 


電子カタログPDF

スラメント工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

可塑状グラウト協会
TEL : 03-3208-8660     FAX : 03-3208-8509
http://www.kasojyo-g.com/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧