• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 共通工 > 法面工 ソイルクリート工法|簡易吹付法枠協会
  • 施工完了
    施工完了
  • 施工後 6 カ月
    施工後6カ月
  • 施工後3年8カ月
    施工後3年8カ月



 
 

概 要

 
「ソイルクリート工法」は、断面形状および鉄筋の違いにより、A夕イプ、M夕イプ、ダイザ夕イプ、テトラタイプの4 夕イプがある。
複雑な型枠に替えて簡易な組立枠(ガッテンダー、ダイザー、テトライザー)を設置、鉄筋を配した後、地山に直接モル夕ルを吹付けて法枠を形成し、枠内に植生基材を吹付ける緑化工法である。
組立枠は、安価で施工が容易なため、大幅なコスト縮減と工期短縮を可能とした。
吹付法枠と植生基材が一体となり、長期にわたり地山表層を含む生育基盤を安定させることができる。
 
全国各地での豊富な実績と数々の実証実験によって信頼を得ており、その結果、平成29年には「平成29年度準推奨技術(新技術活用システム検討会議(国土交通省))」に選定された。
概要
 
下尾川復旧治山工事
下尾川復旧治山工事
(写真提供:簡易吹付法枠協会 平成29年度 第18回写真コンテスト 会長賞作品)
 
 

特 長

 
1 .ガッテンダー、ダイザーおよびテトライザーを組立枠として用いることにより、鉄筋が適正な位置に保持され、かつ正確な断面形状が確保できる。
2 .吹付モルタルに補強材としてNAF-6(アラミド繊維)を混入することにより、法枠の整形性が向上するとともに、クラックの発生を抑制できる。
3 .実物大の梁で載荷実験を行い、枠の曲げ剛性および安全性を検証していることから、(一社)全国特定法面保護協会発行「法枠工の設計・施工指針」に準じて、抑制工として設計が可能である。
4 .枠形状に丸みがあるため、矩形断面の吹付枠工と比較して、植物の生育によって枠がかくれやすい。
 
 

併用工の種類

 
1 .ソイルクリート工法 テトラ夕イプR
枠形状はテトラ夕イプを基本とし、交点部材(ナジームテーブル)を使用することにより、鉄筋挿入工との併用が可能である。
2 .ポットクリート工法
ソイルクリート工法の枠内に植栽棚を設置し、植生基盤材を充填した植え付け基盤を造成することにより、ポット苗
を導入可能とした苗木併用工法である。
3 .サーフクリート工法
ソイルクリート工法の枠内に勾配緩和綱を設置し、植生基材吹付を行うことにより、1 :0.3まで急勾配法面の緑化を可能とした。
 
 
 


電子カタログPDF

ソイルクリート工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

簡易吹付法枠協会
TEL : 03-5244-1323     FAX : 03-5244-1322
http://www.kani-kyoukai.gr.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧