• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 基礎工 > 場所打ち杭工 スーパーロック EXα工法|中村基礎工業株式会社
NETIS登録番号:QS-170026-A

 


  • スーパーロックEXα施工機 スーパーロックEXαビット

  • スーパーロックEXα掘削状況(完全乾式)



 

概要

杭工事や土留工事に伴う硬質地盤および岩盤の掘削工法では、従来大口径ボーリング工法が一般的であり、多くの実績を残してきた。しかし現在では、環境問題への取り組みを始め、徹底的なコスト削減にさらなる努力が求められている。
 
乾式掘削方式の「スーパーロックEXα工法」は、環境に優しい施工を主眼として開発されたもので、従来の泥水掘削方式による地下水汚染や、それに伴う住環境への影響、事業損失、産業廃棄物の発生および処理などの抑制を実現する。同時に、無駄を徹底的に省き、工期短縮・コスト削減にも貢献することができる。
 
 

特長

1.経済性・工期短縮・環境保全に対応する先行掘削の技術
2.完全乾式工法であり汚泥が発生しない
3.掘削方法は、油圧オーガによる掘削・圧入工法
4.排出ガス対策型および超低騒音型機械を使用し、打撃は行わない
5.土留工事(H鋼打設等の先行掘削)・本設の杭打ち工事(先行掘削・プレボーリング等)に使用し、岩盤掘削が可能である
6.ブレーカー等が使えない場所の岩盤掘削にも有効
 
 

技術の効果

1.泥水循環作業および孔内洗浄工程の省略で工期短縮
2.汚泥が発生しないため産業廃棄物の処理費が削減できる
3.クローラ式(ラバーキャタピラ)で道路損傷なく移動時間を短縮し、道路片側時間規制等にもスムーズに対応できる
 
 

適用範囲

スーパーロックEXα施工機は20t級・35t級の2種類で、両機とも先端根固め(グラウト注入)が可能。
 
[最大掘削深度および掘削径]
 20t級:L=10m Φ350〜Φ550
 35t級:L=20m Φ450〜Φ800
[掘削可能岩盤]
 20t級:岩盤等級区分 軟岩Ⅱ ※Φ350のみ中硬岩
 35t級:岩盤等級区分 中硬岩 ※Φ700以下のみ中硬岩
 
 

従来工法との比較

硬質岩盤の掘削において従来採用されてきた大口径ボーリング工法やダウンザホールハンマ工法などは、公共工事費の削減や道路事情による通行規制、工期、地域住民による苦情等に多くの課題があった。
 
「スーパーロックEXα工法」は、こうした問題を解決するのに有効な工法である。
 
 

工法比較表




 


電子カタログPDF

スーパーロックEXα工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

中村基礎工業株式会社
TEL : 0947-22-0015     FAX : 0947-22-6177
https://nakamurakiso.com/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧