• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 建築工事 > 解体・改修、その他工事 > 外壁改修工法 ダイナミックレジン タフレジンクリアガード工法|アイカ工業株式会社

 


  • 神奈川県庁の施工例

  • 浦添市役所の施工例



 

概要

経年劣化した外壁タイルに、強靱な無溶剤形ウレアウレタン樹脂を塗布し、特殊な透明皮膜により外壁タイル落下による第三者への被害を防止する工法である。
 
 

特長

1 .高い透明度の確保
 既存タイル模様の意匠性を確保できる透明な補強層の実現
2 .優れた塗膜強度の確保
 強靱なウレアウレタン樹脂を採用し優れた塗膜強度を確保
3 .長期的な美観の確保
 アクリルシリコン樹脂塗料使用による優れた耐候性を確保
4 .認定施工店制度による施工体制
 品質確保の徹底を図る施工体制を確立
 
 

適合規格

独立行政法人都市再生機構発行の「保全工事共通仕様書機材及び工法の品質判定基準 仕様登録集(平成26年度版)」に規定された、「5.外壁複合補修工法の要求性能」に適合。
 
JIS A 6909:2014(建築用仕上塗材)の「7.19 耐候性試験B法 耐候形1種」に適合。
 
 

適用条件

1 .躯体構造は鉄筋コンクリート(RC)造またはコンクリートパネル(PCa)造(押出成形セメント板下地は別仕様で対応可能)。
2 .タイルの大きさは50角以上、二丁掛以下であること。
3 .タイル素地はJIS A5209のI類(旧JIS A5209の磁器質)。
4 .タイル目地深さは2mm以内(2mmを超える場合は目地埋めを実施)。
5 .タイル表面からコンクリート躯体までの厚さが50mm以下。
 
 

工法概念図(鉄筋コンクリート造仕様)




 

標準施工仕様書(鉄筋コンクリート造仕様)




注1 )既設目地深さなどにより使用材料に変動がある。
注2 )シーリング材は塗膜との相性がある為、推奨商品シーリング材を使用のこと。
注3 )下地の状態によってアンカーピンの本数は変動する。
注4 )プライマー、仕上材に溶剤形アクリルシリコーン樹脂系塗料を採用している。臭気等の発生が予想されるため充分な養生・換気および周囲への事前案内を実施すること。
 


電子カタログPDF

ダイナミックレジン タフレジンクリアガード工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

アイカ工業(株)
TEL : 03-5912-2796     FAX : 03-5912-2849
http://www.aica.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧