• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 各種料金他 > 環境・災害対策資材 > 水害防備資材 津波バリアー|高潮・津波バリアー研究会

 

  • 設置例(北海道釧路港
    設置例(北海道釧路港)
  • 設置例(宮城県仙台塩釜港)
    設置例(宮城県仙台塩釜港)



 
 

概要

海域と陸域の境となる岸壁、護岸などに設置することにより、津波の押し波による小型船舶や木材などの陸域への流入、引き波によるコンテナ、車両などの海域への流出を防止する。
鋼管支柱と捕捉スクリーン(ワイヤロープ、ネット等)で構成されており、支柱に漂流物が衝突して損傷を受けた場合でも、構造物全体としては破壊せず、漂流物対策施設としての機能を維持する。
また、商業地域や観光地など人が集う場所に適した複合的な機能を持たせたタイプもあり、港の景観づくりにも役立つ。
 
津波バリアーの仕組みと衝撃吸収原理
 
津波バリアーの仕組みと衝撃吸収原理?
支柱(鋼管)と捕捉スクリーン(ワイヤロープ・ネット等)と基礎から
なる単支柱構造で衝撃エネルギーを各部の変形・破壊により吸収する。
 
津波バリアーの仕組みと衝撃吸収原理?
2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震により発生した津波について、
国土交通省北海道開発局が調査を行った結果、えりも港、十勝港におい
て最大約2.3m の津波が発生したが、設置されていた津波バリアーが漁
船や多数の漁具を捕捉して市街地への流入を防ぎ、さらに車両等の漂流
物の港内への流出を防いだことが確認されている。
 

津波バリアー 標準図

 
津波バリアー 標準図
 

津波バリアーの経年調査

施工から10年近く経過しても、支柱・ワイヤロープとも腐食等の損傷は見られなかった。
 
設置後9年経過
設置後9年経過
 
設置後8年経過
設置後8年経過
 
 


電子カタログPDF

津波バリアー の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

高潮・津波バリアー研究会
TEL : 03-5715-7640     FAX : 03-5715-1035
http://www.coastal-barrier.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧