• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 道路維持修繕工 > 橋梁補修補強工 延長床版システム プレキャスト工法|株式会社ガイアート
NETIS登録番号:(旧)KT-090058-A

 
 


  • 施工状況(中国自動車道 青津橋)

  • 段階施工状況(東名高速道路 滝沢橋)



 

底版・延長床版にRCプレキャスト版を採用

延長床版システムとは、橋梁上部工の床版を土工部まで延長し、伸縮装置を土工部上に設置する橋梁ジョイント構造である。伸縮装置を橋体から盛土部へ移設することで、通行車両からの衝撃を緩和することができ、また遊間部からの漏水等を防止し、桁端部や支承の劣化を抑制する。本工法は、底版部および延長床版部にプレキャスト版を採用しており、大幅な工期短縮、作業の簡略化を可能にしている。
 
 



 

延長床版の効果─橋台部で発生する不具合を解決・抑制─

①車両による騒音・振動の低減
②土工部の沈下による段差抑制
③橋梁に対する衝撃の緩和
④遊間からの漏水による橋梁劣化抑制
⑤快適な走行性
⑥ライフサイクルコストの削減
⑦震災時の緊急車両の通行帯確保
 
 

特長

1.工場製作したプレキャスト版で施工するため、平坦性に優れ、安定した滑動が得られる。現場打ち工法よりも版を薄くできる。
2.コッター式継手で版同士を接合するため、急速施工を可能とし、既設橋においては全面規制せずに車線ごとの段階施工が可能である。
3.橋台背面盛土材や現地盤が沈下した場合、底版のリフトアップ機能により復旧が容易である。
4.現場打ち工法に比べ、大幅な工期短縮が可能。
 
 

コッター式継手




版の連結に使用するコッター式継手は、シールドトンネル用セグメントの継手を改良して、重荷重に対して十分な耐荷性、耐久性を有するコッター式継手を開発した。この継手は、くさび状のH型金物を挿入することで目地部にプレストレスが導入される構造で、これにより目地部の合成を高め、複数の版を一体化できるとともに、段階施工や、部分的な版の取り替えを容易にしている。
 
 

東日本大震災後の調査

東日本大震災後、過去に施工された延長床版(RCプレキャスト版)について、震災後一次補修が完了した段階で同社が調査を実施した。本工法の効果として、騒音・振動の低減以外に、震災時の緊急輸送車両の通行帯確保を想定していたが、今回の調査を終えて想定外の大地震にも十分機能していたことが確認された。(調査日:平成23年4月13、14日)
 
 

踏掛版として採用

路盤上に設置する底版は、基本的に踏掛版と兼用としており、設計も踏掛版の設計に準じて検討を行っている。プレキャスト踏掛版のメリットとして、急速施工が可能であり、工場製品のために仕上がり精度が高い。
 

東京外環自動車道 小山高架橋A2〜矢切函体間 踏掛版工




 
 


電子カタログPDF

延長床版システムプレキャスト工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

株式会社ガイアート
TEL : 03-5261-9212     FAX : 03-5261-9317
https://www.gaeart.com/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧