• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 共通工 > 法面緑化工 集水保水型植栽袋 EG植栽パック|ダイトウテクノグリーン株式会社
NETIS 登録番号:(旧)CB-050053-VE

 


  • 製品写真

  • 切土法面を早期樹林化(岐阜県・施工2年後)



 

概 要

「EG植栽パック」は、切土法面や岩砕盛土部など、植栽が難しい場所でも簡単に植栽できるように開発した緑化資材。従来のように植穴を掘削する必要がなく、パックに苗木を植え付けて置くだけなので、短期間施工と施工費低減が可能。
 
 

特 長

1 .乾燥防止・防草効果
パックの袋は不透水性素材のため、取り込んだ水分の蒸発を防ぐのはもちろん、元地盤が乾燥してもパック内は水分を保持。また雑草防止といった「マルチング機能」も発揮する(下図①参照)。
 
2 .発根促進
苗木の発根を促進するために、腐熟堆肥を配合(下図②参照)。
 
3 .永続的な緑化
パックの裏面に生分解性シートを縫合。苗木の生長に伴って根系が外部に発達し、元地盤に活着することで永続的な緑化が可能となる(下図③参照)。
 
4 .優れた水分保持力
パック内には、保水性に富んだ人工土壌を充填してあるので、取り込んだ水分を最大限貯水できる(下図④参照)。
 
5 .雨水の有効活用
雨水がパック内へ入りやすいように集水孔を配備。余剰水は本体底面から排水される(下図⑤参照)。
 



 

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧