• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 建築資材 > 躯体・仕上げ関連資材 > その他左官材・仕上塗材 コンクリート構造物(RC・PC)打放し仕上げ塗り材 水性無機硅酸質系ハイブリッド疎水剤 ランデックスコートWS 疎水剤|大日技研工業株式会社

 


  • 埼玉スタジアム(WS 疎水剤)

  • 文京区立第六中学校(WS 疎水剤)



 

概 要

「ランデックスコートWS疎水剤」は、造膜浸透性に優れ、高い疎水性能を発揮する透明型カラー仕上げ材である。
 
工場 ISO14001 認証取得JCQA‐E‐0369
   ISO9001認証取得JCQA‐1760

[主な用途]打放しコンクリート用/コンクリート中性化防止保護/無機質サイディグボード用
 
 

特 長

1.特殊な変性無機高分子複合体がセラミック高密度塗膜を形成して、外部からの水をシャットアウト。酸性雨、紫外線からコンクリートを保護する。躯体の劣化現象チョーキングの発生を抑制する力が強い。
 
2.高密度で水蒸気透過性のある塗膜を形成し、適度な湿気の吸排出が自然な状態で行われ、コンクリート本来の呼吸性を健全な状態で保持する。
 
3.基材への浸透性にも優れ、基材(コンクリート)に含浸し、横型および縦型の塗膜を形成する。
 
4.コンクリート中のカルシウムイオンと反応し、経時的に粒子間結合を起こし、コンクリートと一体化する。
 
5.組成が均一で、従来の単なるシリコン系や樹脂と撥水剤を混合したものに比べ、塗装後の塗膜も疎水基成分が均一になるので、疎水性にムラがない。
 
6.造膜浸透性があり、その効果は長期間持続する。大気汚染によって発生する硫化水素ガス等に対してもこの塗膜は強い抵抗力を発揮。化学物質から躯体を守る。
 
 

主な施工例

横浜人形の家、東京都立大学、東京サレジオ学園、東北芸術工科大学、慶応義塾大学湘南藤沢校舎、埼玉県立芸術劇場、西武園競輪場、東京芸術大学、東洋大学、さいたまスーパーアリーナ、東京大学、埼玉スタジアム、日比谷図書文化館、日本武道館、佐川美術館、幕張メッセ
 
 

施工に際して

●許容下地
RC・PC コンクリート面/PC 板、押出成形板/スレート等の無機質建材、コンクリート小タタキ面
 
●施工手段
①エアレススプレー ②ローラー
 
●施工上の留意点
1.材料は使用前に十分撹拌する。
 
2.材料は直射日光を避け5℃〜30℃で保管する。
 
3.気温5℃以下、湿度85%以上では硬化不良を起こすことがあるので、施工を避ける。
 
4.降雨時または降雨が予想されるときの施工は避ける。完全に塗膜が乾燥しないうちに雨(水)が当たると、流れたり白く濁ったりする可能性がある。
 
5.室内の塗装では換気に十分注意する。
 
6.高性能の塗膜を作るために使用量は厳守する。
 
7.コンクリート下地の白華除去やジャンカなどの補修は前もって行う。
 
8.埃や汚れはあらかじめサンドペーパーなどで除去する。
 
9.コンクリート、モルタルの養生は十分に行う。原則として夏場で2週間、冬場で4週間が適当。
 
10.コンクリートの表面水分率目安7%以下で施工する。
 
11.半透明タイプの塗装は下地の色がそのまま表れる。コンクリート打ち放し面の補修を行う場合は、できるだけ下地の色に近い補修材を使用する。
 
12.吹き付けムラやローラー塗装での塗料溜りなどがないよう均一に塗装する。
 
13.ローラー塗りの場合は原則無希釈だが、吹き付け塗装の場合は5%以内で希釈し使用する。
※施工する素地(RC面、PC面、モルタル面、押出成形板面)によりプライマーの種類が異なるので、あらかじめ同社へ相談のこと
 
●設計価格
・A工法(内壁RC面)…2,600円/㎡
・B工法…………………2,800円/㎡
・FC特殊工法…………2,800円/㎡(B工法)+1,600円/㎡
※価格は全て1,000㎡以上の場合
 
 


電子カタログPDF

ランデックスコート WS疎水剤 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

大日技研工業株式会社
TEL : 03-3639-5131     FAX : 03-3639-5129
http://www.dainichi-g.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧