• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木資材 > 上下水道資材 > 可とうボックスカルバート 耐震・水密性に優れたゴムリングジョイント工法 DCJボックスカルバート|丸栄コンクリート工業株式会社
NETIS 登録番号:(旧)CB‐080009‐VE

 



 

概 要

近年、下水道管路材に可とう性能や耐震性能が求められるようになった。DCJボックスカルバートは、地震動による地盤の動きを個々の継手部に分散させるとともに、継手部差し口に特殊ゴムリングを装着し、差し込むのみで耐震・水密性能に優れた継手構造を有するプレキャストボックスカルバートである。(建設技術審査証明取得)
NETIS 登録NO.CB‐080009‐VE
 
 
 

特 長

1.DCJボックスカルバートにはK型とT型の2型があり、用途で使い分けができる。
 
2.K型―可とう性ボックスカルバートは、製品個々に可とう性を有し十分な水密性能を確保できる。また地盤条件が良い場合には、地震動による抜出し量や屈曲角が小さいため、耐震性能を発揮する。
 
3.T型―耐震性ボックスカルバートは、「下水道施設の耐震対策指針と解説」((公社)日本下水道協会発行)で記述されているレベル2地震動に対応した耐震性能を有し液状化地盤および人工改変地盤の傾斜地盤であっても、継手部差し込み長を長くすることにより必要抜出し量を満足し、十分な水密性能が確保できる。
 
4.製品個々の継手部で地盤変位を吸収させることにより、構造物に発生する応力の低減が図れ、各継手部に発生する抜出し量および屈曲角を小さくすることができる。
 
5.特殊ゴムリングは、軟質ゴムを基材とし外側を硬質ゴムで覆う2層構造とすることにより、追従性、圧縮復元性、耐摩耗性に優れ、地震動による抜出し時や屈曲後も高い水密性能(0.06MPa)を保持することができる。
 
6.継手部を差し込むのみで高い水密性能を確保できるため内目地工が省略でき施工性に優れている。
 
 
 



 
 
 


電子カタログPDF

DCJボックスカルバート の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

丸栄コンクリート工業株式会社
TEL : 058-393-0700     FAX : 058-392-9982
http://www.maruei-con.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧