• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 港湾・港湾海岸・空港 > 地盤改良工 SDP-N工法/SCP工法|家島建設株式会社
SDP-N工法 NETIS登録番号:KTK-100012-V

 


  • 静的締固め(SDP-N)工法 施工状況


  • 動的締固め(SCP)工法 施工状況



    •  

      サンドコンパクションパイル工法(SCP工法)とは

      サンドコンパクションパイル工法(以下SCP工法という)は、中空管(ケーシングパイプ)を使用して、砂または砕石等を地中に圧入・拡径してよく締め固められた締固め杭を造成し原地盤の密度を増大する工法である。SCP工法は、地盤の締固め・補強および圧密排水などの複数の基本原理を併せ持った工法で、砂質土・粘性土・有機質土などほとんど全ての土質に適用できる。
       
      SCP工法には、バイブロハンマーを使用する動的締固め工法と、市街地や既設構造物周辺での施工を可能にした静的締固め工法(以下SDP-N工法という)がある。動的締固め工法が、ケーシングパイプの貫入や締固め杭造成に動的なバイブロハンマーの振動エネルギーを使用するのに対して、SDP-N工法は静的エネルギーを使用するため、低振動・低騒音で施工することができる。
       
       

      【静的締固め地盤改良工法 SDP-N 工法】

      SDP-N 工法は、回転駆動装置と強制貫入装置を組み合わせた回転貫入装置により、軟弱地盤にケーシングパイプを静的に貫入させ、改良杭造成時においても改良材(砂、砕石、再生砕石、その他の材料)の排出・打ち戻しを静的に行い、拡径してよく締め固められた締固め杭を造成することによって原地盤の密度増大を図る、環境に配慮した静的締固め地盤改良工法である。
       
      ・NETIS登録番号:KTK-100012-V
      ・(一財)国土技術研究センター 技術審査証明(第46号)

       
       

      特 長

      1 .周辺環境への配慮
      バイブロハンマーを使用せず低振動・低騒音で施工できるため、市街地での施工や既設構造物に対する振動・騒音の影響が動的締固め工法に比べて格段に小さい。
       
      2 .高品質な改良効果
      ケーシングパイプの先端周辺に取り付けてある特殊機能を備えた地盤掘削翼等により、ケーシングパイプ直下の土砂を崩壊させながら、崩壊した土砂を下方に押し込むことなく、強制的に削孔壁に押し付けることができるため、杭間地盤の締固め効果の向上が期待できる。
       
      3 .資源の有効活用
      再生砕石等のリサイクル材を、改良材として有効に活用できる。
       
       
      SDP-N工法 ケーシングパイプ先端部 掘削・拡径ヘッド

      A部:地盤掘削翼(ケーシングパイプ直下の土砂を強制的に崩壊させ、その土砂をBに移送する)
       
      B部:掘削爪(ケーシングパイプ周辺地盤の掘削、ケーシングパイプ外周周面摩擦の低減およびAで崩壊させた土砂をCへ移送する)
       
      C部:掘削ブロック(Bから送られた土砂を水平方向の削孔壁に強制的に押し付ける)


       
      SDP-N工法 施工機械構成図



       
       


      電子カタログPDF

      SDP-N工法 の資料請求はこちらから

      資料請求カートに追加

      家島建設株式会社
      TEL : 06-6458-6171     FAX : 06-6458-6712
      https://www.ieshima-const.com/

      << 商品詳細に戻る

       

      同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧