• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 道路維持修繕工 > 橋梁補修補強工|アウトプレート工法|アウトプレート工法研究会

 

  • アウトプレートによる橋軸直角方向の補強

  • アウトプレートによる橋軸方向の補強



 

概 要

「アウトプレート工法」は、炭素繊維プレートの両端に定着体を工場で一体化した緊張材(アウトプレート)を緊張して部材に定着ならびに接着し、コンクリートおよび鋼構造物を補強する工法である。
 
炭素繊維シートをエポキシ樹脂などでコンクリート構造物に接着する補強工法は、施工性に優れた補強工法として近年多く採用されているが、炭素繊維接着工法の場合、補強後の作用荷重が対象であり、補強前に発生しているコンクリートの引張応力やひび割れは制御できない。
 
このような背景から本工法では、炭素繊維の高強度な材料を活用し、引き抜き成形された炭素繊維プレートを直接緊張することにより各部材にプレストレスを導入する方法を実用化した。
 
        緊張システムの概要

      

鋼橋への適用



 

アウトプレート

炭素繊維プレートは、強化繊維に炭素繊維を使用し、工場でプレート状に製作されたものを使用する。アウトプレートは、鋼製の定着体に所定の長さに切断した炭素繊維プレートを挿入し、定着用膨張材を充填して鋼製定着体と炭素繊維プレートを一体化する。炭素繊維プレートの梱包および運搬状態の許容最小曲げ半径(プレストレスが導入されていない状態)は、50cmとする。
 
 

補強効果

1 .高い曲げ補強効果
  終局曲げ耐力の向上、鉄筋コンクリート構造では鉄筋応力
が改善される。
 
2 .ひび割れの制御
  プレストレス導入により、ひび割れに対して抑制効果があり、コンクリート部材のひび割れ発生限界値を向上できる。
 
3 .たわみの回復
  プレストレス導入により、死荷重に対しても有効である。
 
4 .景観性の向上
  外ケーブルに比べ緊張材が薄くコンクリートに接着する工法であるため、建築限界、河川限界に影響せず、本体の景観性は補強後においても変化が少ない。
 
5 .連続桁の支点上の補強が下面から可能
  連続桁の下面に補強した場合、中間支点上ではプレストレスによる2次モーメントにより負の曲げモーメントを低減できる。
 
 

施工実績

開発以来コンクリート橋の補強に適用された実績が59件である。当初本工法による補強対象は、既設のRC構造物に適切なプレストレスを与えて補強するRC橋と想定されていたが、現在ではPC橋の補強としても多く適用されている。また近年では鋼橋の補強にも適用され、3件の実績がある。
 
 
 


電子カタログPDF

アウトプレート工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

アウトプレート工法研究会
TEL : 03-5806-5410     FAX : 03-5806-5411
http://www.outplate.com/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧