• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 調査試験 > 構造物調査|直営点検補助システム アレリオ橋梁点検|株式会社エージェンシーソフト

 

  • ※国土交通省 道路橋記録様式対応



 

概 要

「アレリオ橋梁点検」は、市町村など地方自治体向けの直営点検用タブレット現場野帳・報告書作成システムである。従来より橋梁点検は、人員不足の関係から外部に委託せざるを得ず、コスト面で負担となっている自治体が少なくない。本製品を使用することで、直営点検に関わる書類作成の時間を大幅に削減し、少ない人員でも低コストで直営点検を行うことを可能にする。
 
 

特 長

1.低コスト
必要なコストは、年間契約費と1橋当たりの利用料およびタブレットやデジタルカメラの導入費で済むため、高価な委託点検に比べて大幅にコストを削減できる。
 
2.事務所に戻ってからの作業時間を約75%削減
従来、現場での野帳記入と事務所に戻ってからのPC作業が二度手間となっていたが、本製品を使用することで、現場でタブレットに入力した損傷スケッチ、損傷の記録、損傷写真紐付け情報を、そのままPCに取り込んで帳票を作成できる。そのため事務所に戻ってからの書類作成に関わる作業時間を約75%削減できる(同社調べ)。
 
3.簡単な操作
タブレットを使った損傷図の作成、損傷情報と損傷写真の関連付けが現場で完了する。デジタルカメラからの写真取り込みもWi-Fiを使って瞬時に行える。
 
4.点検初心者でもタブレット初心者でも簡単
本製品を使った作業フローは定型化(マニュアル化)されているため、初心者でも習得が容易。また人事異動により担当者が替わる場合でも、簡単に業務を引き継ぐことができる。
 
 

作業の流れ


 

1.点検する橋梁の情報・図面をパソコンで登録し、タブレットへ転送する

  既存の各種データを活用可能。
・1巡目にまとめた報告書から、 各種基本情報をインポート。
・橋梁の図面画像(JPEG、PNG等)を登録。
※橋梁図面は手書きスケッチも可能。
 
 
 
 

2.“紙”の野帳に書き入れるような直感操作でタブレットに損傷データを登録できる。

・デジカメの写真はリアルタイムにポイントと紐付け。
・連続撮影も可能。
・かんたん損傷スケッチ(床版見下げ図スケッチ用「 画面反転」機能)
・「目印用補助線表示」機能
・旗を揚げて写真を撮るだけで、 写真を関連付け。
・国の要領に準拠した、「損傷の詳細情報入力」機能(選択式・書込み式併用)
・写真の割り当てを決めずに 撮影することも可能。(「未割当写真仮置き」機能)
・現地状況写真の撮影にも対応。

 
 
 
 
 
3.現場での点検作業データがそのまま使えるため、二度手間なし

・現場で取得した情報を、帳票に自動配置。
・手入力による追記や修正も可能。
・国交省道路橋様式+詳細レポート。
・オプションで独自形式にも対応。

 
 
 


電子カタログPDF

アレリオ橋梁点検 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

株式会社エージェンシーソフト
TEL : 03-5283-9705     FAX : 03-5283-9708
https://www.agencysoft.co.jp/bridge/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧