• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > トンネル工 > 各種型枠 コンポジット残存型枠工法|株式会社メーソン
  •  
  •     



               施工例(護岸擁壁の改築補強と修景)
               

概 要

コンポジット残存型枠工法は、コンクリート擁壁をはじめ、鋼管杭・鋼矢板の防食対策型枠やFCB(気泡混合軽量盛土)の保護壁材など幅広く活用されている。
パネル1枚の重量が21㎏程度と軽量なので、現場条件を選ばず人力施工が可能な「重機不要の合理化工法」である。
 

特 長

1.重機不要の合理化工法
 
2.ボルト締め不要の壁面固定システム
 
3.複雑なカーブ施工に追従
 
4.切断加工が容易
 
5.着色などさまざまな意匠に対応
 
 

  •     



            鋼矢板表面の被覆補強と修景(高架鉄道耐震補強工事)
 



                深礎杭・鋼管杭の被覆補強と修景 
 
 
 
                     

   


電子カタログPDF

コンポジット残存型枠工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

株式会社メーソン
TEL : 03-5687-5621     FAX : 03-5687-5623
http://www.mason.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧