• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 工法・環境対策 > 環境対策工 > 地盤沈下対策工 一体型ノンブリーディング充填材 TM300zero|株式会社立花マテリアル
NETIS登録番号:QS-190026-A

 


  • 荷姿・充填状況

  • 施工状況



 

概要

本製品は、廃既設管等の閉塞充填において、耐水性や流動性に優れたノンブリーディングの空隙充填材である。
推進工法、シールド工法の二次覆工時の中詰充填や、廃既設管の閉塞充填には従来、CB(セメントベントナイト)モルタルや、エアーモルタルが使用されているが、それらに替わる充填材であり、中詰材に求められる以下の性状を全て満たした製品である。
 
1.充填性の面から適度な流動性を有すること
2.体積収縮、ブリーディングが少ないこと
3.硬化水和熱が低いこと
4.適度な固化強度(1.0N/㎟程度)
 

特長

 
1. 一体型のプレミックスタイプ
練り水と本製品を混合撹拌するだけで、常に安定したモルタルが出来上がるため、品質が安定し施工性が向上する。
また、エアー量の確認調整が不要で管理が容易である。
 
2.CB(セメント・ベントナイト)液に近い流動性
流動性が良く、長距離圧送・狭小部への充填が可能。
 
3.ノンブリーディング
CB液では不可能であったノンブリーディングを実現。これにより充填後の空隙処理が不要となった。
 
4.低発熱性
主成分が高炉スラグからなっており、硬化水和熱の発生を抑制する。
 
5.耐水性
管内の残水に対して希釈されにくい性質がある。材料分離が少なく、水中での材料拡散がほとんど生じないため、管内の残水処理が省略化できる。
 
6.低比重材料
CB液に少量のエアーが混入することで、固化体の重量が軽減する。CB液のメリットとエアーのメリットを有する。
 
7.環境に配慮
主成分に高炉スラグを使用することで、リサイクル性に優れ、土壌汚染の問題となる六価クロムの溶出も規格値以下
となり、重金属類も環境基準値以内に留まる。
 
8.その他
専用プラントを使用することにより、50㎥ /日以上の大量打設が可能。
 

滞水状況下への打設確認

 

 
残置管閉塞を行う場合(特に水道管閉塞)、管内に滞水があり一般的な注入材では水に希釈されやすいため、材料ロスが必ず起こるが、本製品は他の注入材に比べ耐水性があるため、材料ロスを抑えることが可能になる。
 

施工方法

 


  • ①準備工

  • ②充填材混練り



 


  • ③充填材打設

  • ④充填完了



 
 
 


電子カタログPDF

TM300zero の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

株式会社立花マテリアル
TEL : 06-6865-1610     FAX : 06-6865-1627
http://www.tachibana-m.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧