• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 建築資材 > 外構資材 > ブロック塀倒壊防止工法|FITパワー|大林株式会社

 

  • FITパワー本体と付属品

  • FITパワー本体と付属品改修事例
    (①, ②マンション(道路側, 敷地側), ③駐車場, ④会社敷地内)



 

【FITパワー】

日本各地で巨大地震への備えが進む中、古いコンクリートブロック塀(以下、ブロック塀)の危険性が指摘されている。2018年11月27日、「建築物の耐震改修の促進に関する法律施行令の一部を改正する政令」が閣議決定され、避難路の沿道にある一定規模以上の既存耐震不適格のブロック塀等は、耐震診断が義務付けられる動きとなった。しかしながら、全国で耐震化されていないブロック塀は推定241万カ所。その内、住宅密集地のブロック塀は78万カ所とも言われており、その耐震化は喫緊の課題となっている。
 
「FITパワー」はブロック塀用の耐震補強金具で、(一社)防災安全協会の「防災製品等推奨品」に認定されており、生活道路圏における安全・安心の確保に最適な製品である。2018年には同協会の防災製品大賞復興支援部門で金賞を受賞している。
 
 

開発の背景

1.狭小地のブロック塀の耐震化
住宅密集地などでブロック塀の耐震化を進める際に問題となるのが、「手作業による高額なコスト」「補強後に人が通りにくいなどの利便性の喪失」「隣地境界のブロック塀の場合は工事が難しい」といった点である。FITパワーは、構造デザインと施工性の向上によりこうした問題を解決している。
 
2.ブロック塀が瞬間的に転倒することを防ぎ人命を守る金具
FITパワーは“人命保護”に特化した製品であり、ブロック塀の傾き・ひび割れを起こした場合でも瞬時には転倒せず、さらに転倒が避けられない場合でも“ゆっくりと” 転倒すれば人的被害は回避できるため、「瞬間的に転倒することを防ぐ」という点に重点を置いて開発されている。
 

国立岐阜大学との静的水平力載荷試験により、FITパワーを取り付けた塀は、牽引荷重27kNでも転倒せず保持することが確認された。


 

特 長

1.現場打ちロックボルト杭基礎工法の採用
トンネルの天井や法面の擁壁でも使われる信頼性の高い工法を採用。基礎重量ではなく地盤摩擦力を利用しブロック塀を保護。作業は大まかに「①穴を掘る」→「②敷地アングルと隣地プレートをブロック塀に挟み込む」→「③ロックボルトをセット」→「④杭基礎コンクリートを充填」というわずかな工程で完了し、狭い場所での作業が可能になるほか、工期も短縮でき、コスト縮減に寄与する。
 

※ 人力による搬入・一人での作業にも配慮した重量
写真は最重量、18型敷地側アングル支柱約31Kg


 

2.角根丸頭ボルトで空回りを防止
敷地側から作業員1人でも締め付けが可能なため、少人数で施工ができ、工期短縮および安全確保に貢献する。
 
  


 

3.狭小地でも利便性を失わないデザイン
敷地側アングル支柱の最大突出部は約65mmに抑えられており、取付後の通行も可能である。
 

  • FITパワー

    取付後も人の通行は
    容易にできる

  • 従来の金属支柱

    取付後、人が通行
    するには窮屈になる

  • ブロック塀控え壁

    人が通行するのは
    不可能になってしまう



 
 


電子カタログPDF

FITパワー の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

大林株式会社
TEL : 0575-63-1021     FAX : 0575-63-1025
https://dairin-fit.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧