• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木資材 > 道路・橋梁・トンネル資材 > 道路付属物工|抵抗板付鋼製杭基礎 ポールアンカー100型-V|日本地工株式会社
NETIS登録番号:(旧)KK-070008-VE

 

  • 施工状況(約5時間で施工完了)


  • 埋設物を避ける偏心基礎(左:歩道側、右:車道側)



 

概 要

道路付属物の基礎工事において、軟弱地盤、狭あいな場所でも対応でき、あるいは埋設物を避けて構築する鋼製杭基礎。従来のコンクリート製直接基礎、ブロック基礎、2本杭基礎に比べ、工期短縮・コスト縮減が可能で、発生残土も少なく、道路標識柱、道路照明柱、多目的柱など道路付属物の基礎全般に適用できる(平成22年度NETIS準推奨技術)。
 
 

特 長

 
1.専用杭打機(油圧バイブロを搭載したホイール型バックホウ)により、短時間で施工が可能。
 
2.埋設物がある現場では、杭部とフランジ部の位置をずらした偏心タイプ(500mmまで)を採用することにより埋設物を避け、予定位置に建柱できる。
 
3.施工スペースはコンクリート基礎の約4.2㎡に対し、約0.6㎡と1/7で済む。掘削深さも0.6m 程度のため掘削容量が小さく、発生残土も少量である。工期もコンクリート基礎の約10日に対して、約5時間で施工を完了できる。
 
4.基礎と治具(アタッチメント)は専用のボルトによって締結しており、アンカーボルトに負荷をかけない構造。
 
5.載荷試験によって所要の性能を確認。設計計算は土木研究所資料第4226号に準拠。
 
標準タイプ(左)と偏心タイプ(右)



 

実 績

1.全国各地で対応
全国各地で施工を展開しており、年間平均施工実績はおよそ3,000基以上。納入先は、国土交通省・地方自治体・高速道路会社・警察関係など多岐にわたる。
 
2.採用実績の推移
事後評価等により、従来技術(直接基礎や2本杭基礎)に比べ、施工性および工程が大幅に優れているとの評価を得ている。そのため、短工期が要求される集中工事や車線・交通規制の速やかな解除が求められる工事での評価が高く、高速道路各社における採用実績は、近年、増加している。
 

 




 
 


電子カタログPDF

抵抗板付鋼製杭基礎 ポールアンカー100型-V の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

日本地工株式会社
TEL : 048-283-1116     FAX : 048-285-5577
https://www.chiko.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧