建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 共通工 > 法面緑化工|エコストライプ工法/リサイクルアースグリーン工法/レミフォレスト工法|東興ジオテック株式会社
エコストライプ工法 NETIS登録番号:QS-150044-VR
リサイクルアースグリーン工法 NETIS登録番号:QS-130003-VR
レミフォレスト工法 NETIS登録番号:QS-110018-VR

 

  • エコストライプ工法(施工直後)

  • レミフォレスト工法(施工直後)



 

【エコストライプ工法】

植物を計画的に導入できる「播種工」と、飛来種子で緑化する「自然侵入促進工」を組み合わせた工法。法面を帯状に緑化することにより、緑化した植物群落の中に、周辺から飛来した種子が定着できる自然侵入領域(植物が自然侵入できる空間)をつくり、植生回復を促進させる。
 
生物多様性に配慮した緑化工法として多用されている自然侵入促進工は、設計時に緑化の予測ができないが、エコストライプ工法は、播種工と自然侵入促進工を組み合わせることで、斜面防災と自然再生の両立、コスト削減を実現した。
 
自然侵入領域は裸地部保護マット付き金網「レミディネット」で保護され、緑化領域には従来の急速緑化から在来種による自然回復緑化まで、幅広い緑化が適用できる。
 
エコストライプ工法

  • 施工3カ月後
    強酸性高標高風衝荒廃地への適用事例

  • 13年2カ月後



 

【レミフォレスト工法】

自然散布される飛来種子を捕捉して緑化する自然侵入促進工。下地に種子が含まれていない「高耐久性基盤」を吹き付け、その上に風散布〜重力散布種子を効率よく捕捉する立体構造の種子定着促進ネット「シードキャッチャー」を張り付ける。
 
ネットタイプの自然侵入促進工の適用が困難な岩盤法面や凹凸のある法面でも、高耐久性基盤を介して地山とシードキャッチャーが密着するので、法面侵食の発生や生育基盤の乾燥を防ぎ、法面防災と速やかな自然回復を両立できる。
 
「シードキャッチャー」は、①亀甲金網、②樹脂ネット、③生分解性ネットの3タイプから選べる。
 
レミフォレスト工法

  • 施工直後

  • 2年4カ月後



 

【リサイクルアースグリーン工法】

崩壊土砂や掘削土などの「現場発生土」を主材料とする資源循環型緑化工法。①現場発生土の独自調整法、②短繊維材の混合、③用水に団粒化剤水溶液を使用することで、土砂主体の生育基盤をエアーで吹き付けることができ、法面条件により金網張工の省略も可能である。
 
災害や現場で発生する土砂資源を有効利用してコスト削減し、さらに土捨場等への土砂運搬や工場生産される生育基盤材の使用量を抑制して、工事で発生するCO2排出量を低減して地球環境保全に貢献する。
 
また、侵食防止剤と団粒化剤の相乗効果により、従来の急速緑化から国内産在来種による自然回復緑化まで、幅広く適用できる。
 
リサイクルアースグリーン工法

  • 施工直後

  • 9カ月後



 
 
 


電子カタログPDF

レミフォレスト工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

東興ジオテック株式会社
TEL : 092-441-7325     FAX : 092-451-6319
https://www.toko-geo.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧