建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木資材 > 一般土木資材 > 止水剤・止水材|パイルロック|日本化学塗料株式会社

 
  
パイルロック使用例:河川内への橋脚施工


 

概 要

鋼矢板工法は止水を伴う多くの工事に広く使用されている。
 
しかし鋼矢板だけでは十分な止水性を得られない場合がある。「パイルロック」は、鋼矢板の止水性を高めるために開発された止水材である。
 
「パイルロック」は鋼矢板の継ぎ手に塗布することにより護岸工、締切り工、廃棄物処理場工、根切り工、貯水池の止水工などで鋼矢板の止水効果を著しく向上できる。
 
「パイルロック」には「パイルロック速乾型」、「パイルロックNS‐v」、また姉妹品の「ケミカシート」があり施工対象・環境・目的により使い分けることができる。
 
 

各タイプの特長と使用方法

鋼矢板継ぎ手部の浮き錆び、土砂などを除去しパイルロック各タイプを塗布。
 
「パイルロック速乾型」:溶剤型で使いやすく幅広い工事に適応。開缶し均一に攪拌、気候によりシンナーで希釈。規定量を継ぎ手部に流し込み刷毛等で継ぎ手部内外に塗り広げる。常温で1昼夜(16Hr)養生・乾燥。
 
乾燥後水に浸漬すると数時間で膨潤を始め、24Hr後には淡水で約20倍、海水で約6倍に膨潤。
 



「パイルロックNS‐v」:無溶剤型で主に永久用途。
硬化促進剤を添加、十分に攪拌し規定量を継ぎ手部に流し込む、塗り広げる必要はないが塗布範囲端面にガムテープ・粘土等で堰止め。常温で1昼夜(16Hr)養生・乾燥。
 
●規定塗布量(鋼矢板継ぎ手部1m当たりの塗布量:両サイド)



●耐水圧 500kPa[5kgf/㎠](水深50m相当)
「ケミカシート」:シート化した貼るタイプの止水材。塗布面の水分、油分、浮き錆びを除去し張付けローラー等で圧着。



 

荷 姿

・パイルロック速乾型18kg
・パイルロックシンナー16L
・パイルロックNS‐v 16.5kg セット(硬化促進剤付属)
・ケミカシート1mm厚品(幅3cm)15m巻、2mm厚品(幅4cm)10m巻
 
 
 


電子カタログPDF

ケミカシート の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

日本化学塗料株式会社
TEL : 0467-79-5711     FAX : 0467-79-5477
http://www.ncpaint.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧