• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木資材 > 上下水道資材 > 各種水路|シートパイル・ガード工法|SPガード工法研究会(新潟)

 

  


 

概 要

シートパイル・ガード工法(SPガード工法)は、劣化した鋼矢板水路において、鋼矢板の凹み側にトラス筋を溶接、全面にSP板(残存型枠)を設置、鋼矢板とSP板の空間をコンクリートで充填・一体化することで水路全体を鉄筋コンクリート構造として再構築し、補強を行う工法。
 
腐食等の劣化によって不足した鋼矢板の断面力を補うことができ、併せて腐食要因から保護することができるため、水路の長寿命化を図ることができる。このため、耐用年数を迎える水路の撤去・新設コストを削減することが可能となる。
 
本工法は、共和コンクリート工業株式会社・日本カイザー株式会社・株式会社吉田建設の3社で共同開発したもの。
「Made in 新潟 新技術普及・活用制度」登録技術。
 
  

特 長

1.トラス筋の働きにより鋼矢板、コンクリート、SP板が一体化する。
 
2.腐食した鋼矢板はSP板・トラス鉄筋・充填コンクリートによって保護され、長寿命化される。
 
3.農林水産省策定の「農業水利施設の機能保全の手引き」における健全度指標S-3(要補修)、S-2(要補強)に対応
が可能。特に従来の表面被覆工法では難しかった、劣化の進んだS-2の補修工で優位性を発揮する。
 
4.大型パネルのため、施工の省力化が図れる。
 
5.水路高さに合わせた受注生産が可能である。
 

参考図




 

規格寸法


(基本寸法)
1,500(H)×2,000(W)×60(B)
(参考重量)
W=438kg/枚
※高さ方向の寸法は1,500mmを基本に 水路高さに合わせた制作ができる。





 
 

施工手順

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧