• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 調査試験 > 測量|3Dレーザー計測・ モデリングサービス|国際技術コンサルタント株式会社

 
  


 

サービス開始の背景

同社はこれまで継続的に導入してきた先端設備(UAV写真測量・地上型レーザー)の蓄積により、国土交通省が推進する3次元データを活用した「i-constructionに係る測量」に基づく一定の成果を挙げ、社会資本整備を通じて地域社会への貢献に寄与してきた。
 
しかし、UAV写真測量・地上型レーザーを運用する上で、対応できないいくつかの課題(未伐採地や立入が困難な災害地、GNSSが受信できない箇所)が見つかり、その課題への対策も新たに求められたことにより本技術サービスを開始した。
 
 

概 要

地上では、地上型またはバックパック型レーザー、空からは、UAVレーザーによる計測で、全てを3Dマッピングする。
 
ミリ精度が必要な建築やプラント設備などは地上型レーザー、広範囲を安価に計測するにはUAV写真測量、災害現場や樹木に覆われた土地ではUAV搭載型レーザーにより効率的に、UAVが飛行できない市街地や洞窟内などはバックパック型レーザーを活用することで、より生産性が高く高精細なデータを取得し、課題解決に結び付けている。
 
Lidar(light detection and ranging)は、レーザー光線を使用して、地表を高密度でサンプリングし、極めて精度の高いX、Y、Z計測値を得ることができる光学リモートセンシング手法である。トータルステーションによる測量や写真測量のような従来の調査手法に代わる費用対効果の高い方式として利用が拡大している。計測データは、点群処理システムを使って管理、可視化、解析、共有できる、多数のデータセットを作成する。
 
 


 

技術の効果

UAV搭載型レーザーから照射されるレーザーは樹木の隙間を通り抜け、またバックパック型3Dレーザースキャナは地上を移動しながら、均一にレーザー照射ができるため、見通しの悪い場所でも正確な点群データを取得することができる。特に災害時や、木が生い茂る山林原野での3D測量データ取得に効果を発揮する。また測量のための植物伐採作業の必要がなくなり、生産性が向上する。
 
3Dレーザースキャナドローンで広域を測定し、バックパック型3Dレーザースキャナで洞窟や構造物内部、市街地などを測定するという使い分けが可能となり、現行の地上3DレーザースキャナやUAV写真測量と併用することで一層の効率化が実現し、精度の高いデータを提供する。
 

地上型レーザーバックパック型レーザー


 

文化財のデジタル保存




 

適用範囲

・UAVレーザー:測定範囲〜150m 1フライト最大50ヘクタール
・バックパック型レーザー:測定範囲〜100m 1バッテリー2時間計測(GNSS不使用→地下街、ビル群計測可能)
 
 
 


電子カタログPDF

3Dレーザー計測・モデリングサービス の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

国際技術コンサルタント株式会社
TEL : 0952-51-3711     FAX : 0952-51-3722
https://kg-conts.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧