• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

ねじ節鉄筋と定着金物を用いる機械式定着「スクリュープレート工法」|朝日工業株式会社

ねじ節鉄筋と定着金物を用いる機械式定着「スクリュープレート工法」|朝日工業株式会社




 

概要

「スクリュープレート工法」はねじ節鉄筋の端部に定着金物を取り付け、グラウトにより固定しコンクリート中に定着させる工法である。
コンクリート中に鉄筋を定着させるために設けられた標準フックを特殊な定着金物に置き換えることにより、鉄筋量を減らしコスト低減や施工性向上を図る。
従来、鉄筋の先端は定着強度を確保するため折り曲げる必要があった。
しかし、この技術を使用することで鉄筋の折り曲げ作業を省略することが可能となった。
 
(一財)日本建築センター     
(一般評定):BCJ評定-RC0287-06

 

「ねじ節鉄筋と定着金物を用いる機械式定着「スクリュープレート工法」|朝日工業株式会社」の資料請求はこちらから

朝日工業株式会社 メーカーの製品一覧 >

住所 〒 170-0013 東京都豊島区東池袋3-23-5 Daiwa東池袋ビル TEL 03-3988-4674 FAX 03-5396-7500
HP http://www.asahi-kg.co.jp/

「ねじ節鉄筋と定着金物を用いる機械式定着「スクリュープレート工法」|朝日工業株式会社」

「鋼材・非鉄金属資材・スクラップ」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加