• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 付属施設 > 防護柵設置工|高エネルギー吸収型落石防護柵 LDB-500|東亜グラウト工業株式会社
NETIS登録番号:KT-170074-A

 

  • 実物大実験状況(側面)

  • 設置事例



 

工法の概要

LDB-500(Low Deflection Barrier) は、最大500kJまでの落石エネルギーに対応可能な、支柱強化型の落石防護工である。
 
柵変形量が小さく、衝突エネルギー500kJ、スパン長5.0mの実験で水平方向柵変形量がX=1.34mに収まることを確認しており、擁壁上にも設置可能なことから、道路脇の落石防護工に最適である。国立大学法人室蘭工業大学との共同研究で開発された。
 

道路建築限界および柵変形量の考え方(新設擁壁の場合)


 


柵設置適用範囲(防護柵から道路建築限界までの距離が1.34m以上の範囲)は、擁壁高さと擁壁前面の勾配によって変化する。路肩の排水施設がある箇所では、適用範囲が広がる。
 
 
 

部材構成

柵延長方向に衝撃緩衝装置(Uブレーキ)とワイヤロープを取り付ける構造である。
 
衝撃緩衝装置(Uブレーキ)は、鋼板の曲げ変形を利用した衝撃緩衝装置で、ロープ張力作用時の張力を緩和するとともに、落石エネルギーを吸収する。支柱は鋼管とH形鋼を組み合わせた支柱構造により、軽量で経済的に優れる。
 




 

実物大実験で性能を実証

実物大実験において性能を確認しているため、国土交通省道路局『道路土工構造物技術基準』(平成27年3月)における道路土工構造物の要求性能区分は「性能1」に該当する。
 
実験はスイスのブッフェリンで下記のように実施した。
 
・柵高:4.0m・延長:15.0m(5.0m×3スパン)
・重錘質量:1499kg
・衝突位置:柵高の2/3(中央スパン)
・衝突エネルギー:514kJ・柵最大変形量:1.34m
 
 
 


電子カタログPDF

LDB-500 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

東亜グラウト工業株式会社
TEL : 03-3355-5100     FAX : 03-3355-3850
http://www.toa-g.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧