• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 付属施設 > 防護柵設置工|構造物設置型落石防護工 TFバリア|北陽建設株式会社
NETIS登録番号:KT-180002-A

 

  • 要求性能区分「性能1」に適合

  • 新設構造物にも既設構造物にも設置できる



 

部材構成

「くの字」型支柱、落石補足のためのネット、ネット設置のためのワイヤロープ、支柱間隔保持のための間隔保持材、支柱基礎反力体(構造物)とサイドアンカーで構成される。
 



●耐貫通性能に優れたネット二重構造
「テコネット」の素線は引張強度1,770N/㎟を有し(ひし形金網の約3〜4倍に相当)、屈撓性(くっとうせい)に優れている。本工法では、異なる線径とメッシュ寸法の「テコネット」を重ね合わせたネット二重構造の採用により、落石への耐貫通性能を高めている。また、2枚重ねによりネットの開口率が減少するため、小径の落石も捕捉できる。
 
 
 

維持管理が容易

シンプルな柵構造のため、落石捕捉後の部分交換が容易で、ネットや支柱の取付け・交換が,道路上からの作業で短期間かつ容易に行える。
 



 

実物大実験で性能を実証

落石エネルギー200kJまで対応できるため、国土交通省道路局『道路土工構造物技術基準』(平成27年3月)における道路土工構造物の要求性能区分は「性能1」に該当する。
 
実物大実験では、中間・端末スパン衝突ともに、衝突エネルギー200kJの重錘を捕捉できることを確認している。
 
・有効柵高:2.5m・重錘質量:902kg
・柵延長:15.0m(5.0m×3スパン)
・衝突エネルギー:200kJ
 

 



 
 
 


電子カタログPDF

TFバリア の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

北陽建設株式会社
TEL : 0261-22-1170     FAX : 0261-23-5310
http://www.hokuyo-net.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧