• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 道路除雪工 > 道路除雪工|除雪作業安全支援システム スマート除雪ナビ|日本キャタピラー合同会社

 

  • 除雪障害物への接近をオペレータに警報発信

  • 地図+障害物データ(左)非降雪期画像(右)



 

概 要

「スマート除雪ナビ」は、GNSS位置計測、地図表示、データベース検索、画像表示の各機能を組み合わせ利用した独自開発ソフトウェアにより、除雪作業中の除雪ドーザ・グレーダがマンホール等の除雪障害物や要注意箇所へ接近するとオペレータに警報を発信するシステム。これにより予防回避動作を可能とし、接触による怪我、車両、道路インフラの破損を低減し、除雪に関わる全体コストの低減を可能とする。
 
現在、実績が多く顧客より好評を得ているサブメータ級レシーバ(精度平均約1m)に加え、みちびきセンチメータ級レシーバ対応も始め、より精度の求められる側方障害物への対応能力向上も図っているところである。
 
 
1.サブメータ級GNSSエコパッケージ

使用者側で障害物データを登録し初期費用を抑えつつ精度を約1mに高めた仕様。サブメータ級レシーバ、専用ソフト、その他ハード一式、地図データを含む。※障害物データ、非降雪期画像は含まない。


 

2.<新開発>みちびきセンチメータ級レシーバ対応エコパッケージ

動体でも精度20cm以下と高く、前方に加え、ガードレール等、側方障害物への警報発信に対応可能。


 

3.基本パッケージ

上記1または2に、あらかじめ必要な除雪路線の障害物データ、非降雪期画像を正確に計測・登録した仕様。ベテランの経験に基づいたデータで作業が可能。障害物データ、非降雪期画像は距離や地域により変化するため、価格は都度見積もり。


 

機 能


タブレット上に、現在地地図と障害物位置が表示され、同時に進行方向の非降雪期画像が表示できる。画面にタッチすることで、地図の縮尺や表示画面の切り替え、その場での障害物データの使用者側による追加登録・修正・削除、夜間モード切り替えなどが簡単に行える(写真上の番号を参照)。


 

導入のメリット

1.マンホール/橋梁ジョイント等、あらかじめ登録した前方障害物に接近すると、音(声)と画面の赤色化のダブル警告でオペレータに知らせ、接触事故を未然に回避。
 
2.警報発信までの距離、警報音を好みで調整可能。
 
3.ベテランの道路知識に基づきデータ登録すれば、経験の少ないオペレータでも安心して作業が可能。
 
4.非降雪期画像表示で、夜間、悪天時でも現地の状況把握がしやすくなり危険回避がしやすい。
 
5.作業ログ保存機能により作業履歴が残せ、それを再生も可能で作業現場を覚えるトレーニングツールになる。

6.4種類のユーザー障害物登録ボタンで、警報地点を自由に登録可(1000点以上)。各地点には属性情報も付加でき写真や手書きファイルも添付登録可能。接近時には画面タッチで簡単呼び出し可能(右図)。
 
7.地図上へのデータ保存・呼び出し機能で除雪以外の道路の維持管理、わかりにくい地点の発見等にも利用できる。
 
8.月々の使用料等は一切発生しない。


 
 
 


電子カタログPDF

スマート除雪ナビ の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

日本キャタピラー合同会社
TEL : 0467-75-0740     FAX : 0467-75-0881
https://www.nipponcat.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧