• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 共通工 > 地盤改良工|地盤置換工法 コロンブス ®|株式会社ピーエルジー
NETIS登録番号:(旧)TH-990043-A

 

  • 左:ライトフィルター
    右:ジオフォーム

  • ライトフィルター

  • 施工事例



 

概 要

コロンブス工法は、これまでの地盤自体を改良する工法とは異なり、地盤を置き換えることで建物を軟弱地盤に支持させるフローティングが原理の技術である。(建築技術審査証明取得)
 



軟弱地盤において、建物重量から地盤の支持力を差し引いた重量分の土を排土し、そこへ軽い軽量発泡樹脂「ジオフォーム」と置換え、掘削面にかかる建物重量を軽くして沈下を抑制する。
 



 

特 長

「ジオフォーム」とは、ポリスチレンビーズを型内発泡法によって製造する発泡スチロールで2.0×1.0×0.5mの直方体を標準品とし、重量が土の1/100の軽量材でありながら、許容圧縮強さは35〜70kN/㎥と強靭さを持つ発泡体である。また、空隙率約30%の排水機能を有した「ライトフィルター」との併用によって、効果を上げることが可能である。
 
・現場ごとに作成された割付図に従い工場で加工をしたものを敷設する。
 
・近年相次いだ地震で、不同沈下や振動だけでなく、地震にも高い効果があることが実証されている。
 
・断熱性によって、床下への熱損失が減り、基礎コンクリートに蓄熱する躯体蓄熱暖房などによりCO2削減にも寄与。
 
・適用範囲は、総重量60kN/㎡以下の建物とし、木造からRC造3階;鉄筋4階建て程度。N値=0でも対応が可能。
 
・国土交通省のNETIS登録「(旧)TH-990055-A」免震工法で登録、一般財団法人ベターリビングにおける実験では、地盤から伝わる振動エネルギーを低減することを実証した。
 
 

適 用

●N値=0、軟弱地盤が厚く支持層が深い
●地中障害物で杭が打てない
●地下構造物(地下鉄など)への荷重軽減
●埋蔵物文化財の発掘調査回避
●杭打機の搬入困難
●定期借地で杭を打ちたくない
 
 


電子カタログPDF

コロンブス の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

株式会社ピーエルジー
TEL : 0248-69-1120     FAX : 0248-69-1121
http://www.plg.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧