建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 共通資材 > 仮設関連資材 > プレハブトイレ|移動可能 循環型水洗トイレ ミニソフィ|アルコ株式会社

 

  • 製品外観

  • 製品内観



 

概 要

次世代トイレ「ミニソフィ」(多目的トイレタイプ)は、20フィートのコンテナ内に汚水処理システムと多目的トイレを格納した、移動可能な循環型水洗トイレ。広々とした個室トイレは換気もしっかり行われ、車いす利用者など“誰でも” 安心して利用できる「感染症対策トイレ」である。
 
オプションとして太陽光発電・蓄電システム等も用意されており、災害時の停電・断水に対応できる災害トイレとして活用できるほか、移動可能でどこにでも設置できるため掘削が困難な港湾、史跡公園にも最適である。
 
 

特 長

1.安心の処理システム
20年以上の実績がある同社の汚水処理システム「ソフィール」により、トイレ汚水を高度浄化。塩素殺菌した衛生的な処理水が水洗トイレの洗浄水に再利用されるが、UVLEDによる殺菌も行い、安心して利用することができる衛生的な快適トイレである。
 

 
 
 
 
 
 
 
「ソフィール」は、環境保全、省エネ、リサイクルをコンセプトとした土壌微生物膜合併処理浄化槽(国土交通大臣認定)。全国で200件以上の採用実績がある。


2.どこにでも設置可能で、設置後すぐに使用できる
オプションの太陽光発電・蓄電システムを組み合わせることで“どこにでも” 設置できる。コンテナを設置するだけなので、通常のトイレ建設で必要な設計業務、土木工事、下水・浄化槽工事、水道工事、電気工事は不要。
 
3.ニーズに合わせた多様なラインアップ
トイレ+浄化装置一体型と、浄化装置のみのタイプから選択可能。トイレ利用回数は25〜300回/日で各種ラインアップがあるほか、オーダー設計も可能。
 
 

小規模対応(トイレ最大利用回数50回/日)平面図


トイレ汚水は原水ポンプユニットにより一次処理槽に送水され、その後土壌浸潤槽で高度処理される。貯留槽に貯留された処理水は次亜塩素酸ナトリウムで殺菌した後、UV-LED(深紫外線)による殺菌も行い、“安心・安全” な衛生的な処理水としてトイレ洗浄水に再利用される。余剰水槽に余剰水が発生した場合は、定期的に汲取り処理を実施する。


 

用途例

・ 観光地や公園、キャンプ場、工場、事業場などのトイレの改修、多目的トイレの増設など
・避難所、防災公園などのトイレ
・水道、電気工事が困難な山間地、農園、河川敷、観光地など
・イベント会場
・掘削工事が困難で下水工事、浄化槽工事ができない史跡公園、港湾、工場、事業所など
・障害者スポーツ施設、教育施設(野営場、学校)など
・工事現場のトイレ
 
 

2020年10月に三重県津市のキャンプ場「WOODs LAND Mio」に本製品を設置。基本の機能に加え「深紫外線殺菌(UV-LED)」を付加し、感染症対策などトイレ利用者の安心、安全をより一層確保するための実証実験を三重大学と共同で行っている。


 
 


電子カタログPDF

ミニソフィ の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

アルコ株式会社
TEL : 059-213-8811     FAX : 059-213-8880
https://www.alcoinc.co.jp/mizu/minisofi/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧