建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木資材 > 一般土木資材 > 落石防止網|ポリエステル製落石防護ネット 高耐久STKネット|STKネット工法研究会
NETIS登録番号:(旧)QS-030075-VE

 
 
施工例(熊本地震により被災した熊本城石垣の保護工)


 

概 要

「高耐久STKネット」は、金網の代替製品として開発されたポリエステル製の防護網。ポリエステル製のため“錆に無縁” というのが最大の特長であり、海中の養殖網として35年以上の実績があるほか、落石防護、落下物防止、鳥獣害対策等の幅広い用途で活用されている。
 
全国各地の城郭の石垣保全にも多くの実績があり、熊本地震により被災した熊本城をはじめ、京都・二条城、盛岡城跡公園等での石垣保護にも本製品が採用されている。
 
 

特 長

1.耐腐食性・耐酸性
ポリエステル網のため錆びることがなく、海岸積雪地帯や酸性の強い火山地帯での使用に最適。
 
2.耐候性・耐久性
紫外線に強く、野外暴露で30年以上経過したものでも引張強度の低下がないことが確認されており、60年以上の耐久性を有する。
 
3.軽量
重量は一般的な金網(3.2φ×50×50mm)の約1/5(560g/㎡)と軽量で、機械作業が困難な場所での作業の効率化と安全性が確保できる。また、重機での作業による環境汚染の軽減や、交通規制の緩和に役立つ。
 

製品拡大図

4.耐破網性
亀甲状に2回捻りで編まれているため、一般的な金網のような連続破網が起こらず、また一部分が破れても本製品を当て網として取り付けることで容易に補修できる。

5.経済性
塩害地帯や火山地帯等での一般金網の耐久年数は5〜12年だが、本製品は60年以上の耐久性があり、長期的なコスト縮減について国の施策「コスト縮減対策」に合致する。
 
6.リサイクル性
環境化学製品であり、使用後はプラスチック材として再利用が可能(使用例:資材パレット、イカの産卵床等)


 

製品規格




 

施工例

  • 石垣保護(二条城)

  • 石垣保護(盛岡城址公園)

  • 落石防護網

  • 落石防護柵

  • 沿岸地域での落石防護

  • 火山性ガス発生地帯での使用



電子カタログPDF

高耐久STKネット の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

STKネット工法研究会
TEL : 097-533-7230     FAX : 097-536-6545
http://www.stknet-koho.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧