建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 橋梁上部工 > 橋梁上部工その他|メタルロード ®工法|JFEシビル株式会社
NETIS登録番号:(旧)QS-980157-VE

 

  • メタルロード®工法

  • 適用範囲イメージ



 

概 要

メタルロード®工法は、格点部において杭と横桁および主桁が剛結している立体ラーメンプレハブ桟道橋である。地形や施工条件に応じて最適な形式を選定してレイアウトが可能なため、通常工事が困難な中山間部の急傾斜面での道路建設に適した鋼製桟道橋である。
 
堆積層の厚い傾斜地でも支持層に鋼管杭を貫入させることで、堅固に路面を支えることが可能である。
 
 
 

特 長

1.地震に強い
多柱式立体ラーメン構造のため耐震性に優れ、本設道路に適用できる。
 
2.施工が容易
中山間部の狭小な道路工事でも部材の運搬・架設が容易なため、施工性に優れる。
 
3.短工期
短尺軽量なプレハブ部材で構成され、現地施工期間の短縮ができる他、斜面上での大規模な基礎工事が不要なため、工期短縮に寄与する。
 
4.現道を確保
手延べ式施工により、既存の道路交通を確保したまま拡幅工事が行えるため、交通規制の緩和につながる。
 
5.環境に優しい
大規模な掘削や埋め戻しを必要とせず、残土や廃棄物がほとんど発生しない。
 
6.豊富な実績
事業化案件数570件以上、総延長約30km以上の実績がある。
 
 
 

施工事例

新潟 砂防堰堤管理用道路             新潟 奥胎内ダム管理用道路
 
護岸や河川への影響を小さくし、工事用道路兼管理道路としての利用が可能。

宮崎 国道219号               静岡 国道136号
 
現道の交通を確保して施工が可能。       橋梁取り合い部での採用例。
                       施工では作業構台としても利用可能。 

奈良 名阪国道高峰SA             岐阜 新猪谷ダム作業構台
 
斜面上の空間を有効利用できる。メンテ作業における作業構台兼駐車場などの利用も可能。

岐阜 市道小豆沢線災害復旧工事
 
優れた施工性により、ライフラインの復旧が可能。
台風による豪雨と河川の洗堀によって崩壊した道路の復旧工事の実績がある。


 
 


電子カタログPDF

メタルロード工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

JFEシビル株式会社
TEL : 03-3864-3796     FAX : 03-3864-7319
https://www.jfe-civil.com/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧