建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木資材 > 一般土木資材 > 鋼製砂防えん堤─不透過型─|SBウォール工法|SBウォール工法研究会
NETIS登録番号:(旧)CG-050010-A(INSEM-SBウォール工法)
NETIS登録番号:(旧)CB-020051-A(LUC-SBウォール工法)
建設技術審査証明 砂防技術:技審証第0503号

 
   


 

概 要

SBウォール(Steel wall or Concrete Block wall)工法は、INSEM工法やL.U.C.工法により構築した堤体内部材を上下流の外部保護材(上流壁面材は軽量鋼矢板、下流壁面材はコンクリートブロック)で保護することにより、土石流対策えん堤、砂防えん堤等に要求される耐摩耗性、耐衝撃性、耐久性および景観性を向上させ、コスト縮減および現地発生土砂の有効活用による建設環境の向上を図りながら、設計施工を合理化する工法である。
 
 

特 長

効率的な配合試験と施工時における品質管理により信頼性の高い内部材の構築を図りながら、内部材を保護する外部保護材と複合させることで、砂防ソイルセメント工法における高い施工性、経済性のメリットを最大限に生かし、砂防施設に要求される品質面に対して柔軟に対応できる。
 
 

現地土砂の有効活用

現在注目されている砂防ソイルセメント工法(INSEM工法)は施工性が高く、コンクリートえん堤に比べ工期の短縮、コストの削減が図られるほか、CO2の削減や建設残土の撤廃など、環境にも優しい工法として注目されている。反面、その品質は、現地土砂の性状に大きく影響をうけるため、計画に当たっては、まず現地土砂の内部材(INSEM材)への適応性を判断する必要がある。SBウォール工法は、開発時から内部材と上下流外部保護材の複合構造という基本的なコンセプトの下、それぞれの部位の要求品質に適した材料を用いた製品の開発のほか、本工法の重要な構造部位である内部材の要求品質を満たすための研究を継続して行っている。SBウォール内部材の配合試験など、研究データは令和2年4月時点で3,000ケースを超えており、年々増加している。これらのデータを随時分析し、本工法の設計から施工に至る各段階で参照できる形で資料を提供することにより、内部材の品質を確保するための補助を行っている。
 
 

施工性の向上、工期の短縮

内部材は、連続施工が可能で横目地が不要なほか、特別な建設機械の導入を必要とせず施工が容易。また、上下流の外部保護材は、内部材施工時の型枠を兼用すること、外部保護材の構築が内側から作業する構造であることから、脱型枠、足場工の作業を割愛でき、省人化施工が可能となる。
 
特に、これらの外部保護材はINSEM工法の施工性を考慮した形状を有し、自立性を確保するとともに、アンカー材により内部材との一体化を図る構造であるため、外部保護材の設置、内部材の敷きならし、締め固めなど、一連の作業の連続性を損なうことなく、大幅な工期の短縮が図れる。
 
 

コスト縮減

内部材の主材料として現地発生土砂およびクラッシャランなどを使用することで、従来の重力式コンクリートえん堤と比較して大幅なコスト縮減、工期短縮が図れる。
 

コンクリートえん堤とのコスト比較(概算費用)




 


電子カタログPDF

SBウォール工法「INSEM-SBウォール工法」 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

SBウォール工法研究会
TEL : 048-681-7530     FAX : 048-681-7531
http://www.sbwall.org/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧