建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 共通資材 > 仮設関連資材 > 仮設トイレ|快適トイレシリーズ/快適トイレ周辺商品|日野興業株式会社

 

  •  

    WGX快適シリーズ

  •  

    のせるくん快適シリーズ



 

「快適トイレ」設置の広がり

平成28年8月に国交省がその仕様を定めた「快適トイレ」はさまざまな現場で目にするようになり、国交省直轄現場においては、直近の調査では設置率が45.6%となっている。各自治体や民間企業でも「快適トイレ」を導入する動きが活発となっており、今後もさらなる広がりが期待できるだろう。
 
 

【快適トイレシリーズ】

「快適トイレ」から「感染症対策」まで多彩な商品展開

日野興業株式会社が取り扱う「快適トイレ」は、広さや装備が多彩でさまざまな現場に対応可能。「GX快適シリーズ」は従来の大きさのまま、装備を「快適トイレ」仕様とした。手洗器が内蔵されたタイプ(GX-WCLHP快適)は外にシンクを設置する必要がなく、省スペースで「快適トイレ」の仕様を満たした仮設トイレの設置が可能となる。
 
「WGXシリーズ」はGXシリーズのおよそ2倍の広さを有し、室内に着替え台の設置も可能。充実のオプションであらゆるニーズに対応し、女性男性問わずに使用できる。
 
小型車載トイレの「のせるくん快適シリーズ」は軽トラックに積載可能で、道路工事など移動しながら作業するあらゆる工事に適している。可動式の屋根を下げることで、積載したまま運搬することができ、電光掲示板等との相積も可能。
 

  • GX-WCLHP快適
    ※別途シートクリーナー付属

  •  

             Pitta(ピッタ)



また、ハウス型トイレも充実している。新製品の「Pitta」(ピッタ)は室内が洋式トイレ室と小便器・手洗器室の2つに分かれており、洋式トイレ室は室内幅918mmを確保。仮設トイレではあるが落ち着きのある濃緑色の外観や、十分な広さの室内で快適空間を創造する。
 
 
「快適トイレ」の仕様に対応するためには、周囲からトイレの入口が見えないように工夫する必要がある。「ルーバーフェンス」は幅900mm単位でレイアウトを変更可能で、さまざまな現場で仮設トイレ入口の目隠しとして設置されている。
 
また、足踏み式で使用できる手洗いシンク「Kシンク」は手で蛇口ハンドルを触る必要がなく感染症対策に有効。鏡も付いており「快適トイレ」仕様の付属品として備える必要がある「鏡と手洗器」に対応した製品である。
 

  • ルーバーフェンス

  • Kシンク


 

【快適トイレのもと 極】

“臭い”対策にも着手

仮設トイレの悩みとして、臭いと虫の発生がある。設備が整った「快適トイレ」を導入しても、臭いと虫が発生すればその快適さは損なわれてしまう。こうした問題の改善のため、同社では新型の仮設トイレ用防臭・防虫剤の「快適トイレのもと 極」を発売した。し尿腐敗酵素を抑え悪臭の発生を予防し、アンモニアや硫化水素等の悪臭を消し去る効果がある。防虫効果においては2カ月以上の効果があり、持続性の高さが特長である。
 

快適トイレのもと 極




 


電子カタログPDF

WGX/WLX快適シリーズ の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

日野興業株式会社
TEL : 047-318-8761     FAX : 047-318-8758
https://hinokogyo.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧