• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

場所打ち杭工|交差点緊急対策等多用途基礎杭 ヒノダクパイルS®(150)|日之出水道機器株式会社

場所打ち杭工|交差点緊急対策等多用途基礎杭 ヒノダクパイルS®(150)|日之出水道機器株式会社

 

  • ヒノダクパイルS 新しい杭の形状

    新しい杭の形状

  • ヒノダクパイルS

    衝突実験の様子

  • ヒノダクパイルS 基礎施工状況

    基礎施工状況


  •  

    概 要

    「ヒノダクパイル」は、歩道のような狭い場所でも施工可能な杭基礎で、鋳鉄による先端形状で地盤への打撃貫入性を高め、かつ、令和3年策定の「ボラードの設置便覧」に追加された耐衝撃性ボラード(H型ボラード)の強度を満たす基礎工法である。
    人力で持ち運びが可能な機材での施工により施工範囲を2m² 程度と最小限に抑え、交通誘導要員を含む土木作業者の人工を60%削減し、基礎サイズの小型化により従来のコンクリート基礎対比で残土の産業廃棄物が80%減少するなど、環境負荷軽減にも寄与する製品である。

     
    主な用途
    「ボラードの設置便覧」では交差点開口部での歩行者安全対策としてN型とH型の2種類のボラードが示された。
    このうち車両の衝突に対して抵抗するH型ボラードは、衝突速度の違いでHC種とHB種が設定され、ヒノダクパイルは上位性能であるHB種での車両衝突試験を行い、歩道内への車両進入を抑制する強度を備えていることを確認した。

     
     

    特 長

    1.車両衝突に対する抑止力
    H型ボラードは、車両重量1.8t、時速45km、進入角度15°、衝突エネルギー140kJ(HB種の場合)の車両を最大4本のボラードで歩道内への進入を防止する強度を有している。

  • ヒノダクパイルS 特長 衝突条件
    衝突条件(ボラード配列と車両進入角度)

  •  

    高強度なボラードとヒノダクパイルを舗装地盤に施工し、実車両による有人衝突での実験において車両突破を抑止する性能を有することを確認した。

  • ヒノダクパイルS 特長 衝突実験の結果
    衝突実験の結果
  •  
     
    車両総重量:1,800kg
    衝突速度:47km/h
    進入角度:15°
    衝突エネルギー:155kJ
    車両のすり抜け:なし
    ※基準線:−0.92m


     

    2.車両衝突後の維持修繕時における施工効率向上
    設計上想定した衝突エネルギーによってボラードが変形破損しても、ボラードのみの交換でヒノダクパイルは撤去する必要がない。
    ボラードとヒノダクパイルは表層は50mmのコンクリート、土中は充填砂により一体化されており、表層のコンクリートのみはつれば容易にボラードの取り換えが可能。
    ボラードの破損時には、ヒノダクパイルの再利用により60分程度で交換が完了するため、事故後の迅速な復旧による交通安全性の確保、長期に渡る維持修繕の経済性向上が図れる。

  • ヒノダクパイルS 施工図
    施工図
  • ヒノダクパイルS LCCコスト比較
    LCCコスト比較

  •  

    「場所打ち杭工|交差点緊急対策等多用途基礎杭 ヒノダクパイルS®(150)|日之出水道機器株式会社」の資料請求はこちらから

    日之出水道機器株式会社 メーカーの製品一覧 >

    住所 〒 812-0043 福岡県福岡市博多区堅粕5-8-18 TEL 092-476-0695 FAX 092-476-0792
    HP https://hinodesuido.co.jp/

    「場所打ち杭工|交差点緊急対策等多用途基礎杭 ヒノダクパイルS®(150)|日之出水道機器株式会社」

    「基礎工」 同じカテゴリの電子カタログ

    資料請求カートへ追加