建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 舗装工 > 路盤工|透水性保水型路盤材 (ATTAC路盤材)|全国トース技術研究組合
NETIS登録番号:QS-200039-A

 


  • ATTAC路盤材 効果イメージ

  • ATTAC路盤材 団粒構造イメージ

 
 

概 要

降雨の流出抑制、浸水被害の減少、暑熱緩和対策に有効
 
「ATTAC路盤材」は、路盤材(砕石)の中の細かな粒子を団粒構造に改良し、透水性・保水性を向上させ、透水性舗装等の路盤材に使用することで、雨水の流出抑制効果や周辺の暑熱緩和効果を期待できる材料であり、透水性舗装の路盤材としてその効果を発揮する。

 
 

特 長

1.新規性
路盤材の中の細粒分を改良材により団粒化させているので、降雨による細粒分の移動が少なく、目詰まりしにくいため、透水性・保水性の機能を有する。
 
2.期待される効果
透水性に優れることから、降雨の滞水を速やかに排除できる。また、保水性に優れることから、舗装表面温度の上昇抑制が期待できる。

 
 

適用条件

1.自然条件
雨天時の施工は不可
 
2.現場条件
作業スペースとして2m×5m程度、製造ヤードとして30m×20m程度必要
 
3.技術提供可能地域
全国

 
 

適用範囲

1.適用可能な範囲
透水性舗装、駐車場の路盤材(仕上げ厚100mm〜300mm)
 
2.特に効果の高い適用範囲
雨水流出抑制、暑熱緩和効果を期待する箇所

 
 

留意事項

1.設計時
・砕石材は自前で用意する必要がある
・現地製造となる
・ 設計時、標準配合として砕石材に団粒化剤1? /m3、六価クロム溶出低減型セメント系固化材80kg /m3を配合(標準)する
 
2.施工時
・施工要領書に従い、改良を行うこと
・一般的な路盤材と同じような管理を行うこと
・ATTAC認定技術士の資格保持者が施工すること
 
3.維持管理等
・材料保管時は、雨水などが入らないよう養生を行うこと
 
4.その他
・受注生産であるため、納入まで7日程度必要

 
 

従来製品とATTAC路盤材の比較

●形状の比較


  • 従来の路盤材

  • ATTAC路盤材


  • ●透水性の比較(水注入後約40秒経過)


  • 電子カタログPDF

    透水性保水型路盤材(ATTAC路盤材) の資料請求はこちらから

    資料請求カートに追加

    全国トース技術研究組合
    TEL : 0942-30-1010     FAX : 0942-30-1011
    https://www.attac-j.or.jp/

    << 商品詳細に戻る

     

    同じカテゴリの電子カタログ

    ご利用ガイド
    掲載をご希望の方へ

    カテゴリ一覧