• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

法面材|立体ジオセル工法 ジオウエッブ|旭化成アドバンス株式会社

法面材|立体ジオセル工法 ジオウエッブ|旭化成アドバンス株式会社

NETIS登録番号:(旧)HK‐090006‐V、HK‐160013‐A、NNTD登録番号:1075
ジオウエッブによる擁壁工

ジオウエッブによる擁壁工

ジオウエッブによる路盤工

ジオウエッブによる路盤工


概要

ジオウエッブは耐久性に優れた高密度ポリエチレン(HDPE)板を千鳥状に高周波圧着し、展開したときに立体ハニカム構造になるジオセル製品で、セルの内部に発生土や砕石などの充填材を詰めることにより強度のある構造体を形成する。
 
ジオウエッブは、擁壁・路盤支持力の向上・法面保護・河川護岸等、さまざまな用途で効果を発揮し、環境負荷の少ない工法として現在も使用用途が拡大している。
 
 

用途

・法面保護・河川/水路護岸・擁壁工・仮設道路
 
・路盤・支持力補強工・災害復旧
 
・離島・山間部など重量物運搬が困難な場所
 

ジオウエッブによる水路工

ジオウエッブによる水路工

ジオウエッブによる法面工

ジオウエッブによる法面工


特長

1.軽量・コンパクト
ジオウエッブは軽量・コンパクトなので保管に便利で現場への搬入も容易である。
 
2.簡単施工
緩勾配の斜面に展開し、アンカーピンで固定後、覆土をすることにより法面保護材として使用できる。
また急勾配の切土斜面に階段状に積むだけで擁壁として使用できる。
 
3.フレキシブルな構造
素材が耐久性、柔軟性に優れた高密度ポリエチレンのため、現場の形状に合わせた施工が可能である。
 
4.在来種による緑化
セル内に現地の種子入り発生土を充填すれば、在来種による緑化が図ることができる。
積層積みの擁壁として設置した場合、ポケット部に現地の種子が飛来して在来種による緑化が図ることができる。
 
5.幅広い適用工種
法面保護、植生擁壁、河川・水路護岸から路盤・支持力補強工まで広範な応用が可能である。
 
 

ジオウエッブ諸元と用途

ジオウエッブ諸元と用途

標準寸法は敷設の参考値であり、最大/最小の敷設許容寸法は別途要問い合わせ。


 

「法面材|立体ジオセル工法 ジオウエッブ|旭化成アドバンス株式会社」の資料請求はこちらから

旭化成アドバンス株式会社 メーカーの製品一覧 >

住所 〒 105-0004 東京都港区新橋6-17-21 住友不動産御成門駅前ビル TEL 03-5404-5611 FAX 03-5404-5614
HP https://www.asahi-kasei.co.jp/advance/jp/

「法面材|立体ジオセル工法 ジオウエッブ|旭化成アドバンス株式会社」

「一般土木資材」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加