建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 付属施設 > 道路付属物工|UVPPS工法|一般社団法人SCFR工法協会
NETIS登録番号:CG-140016-VR

 

  • 歩道橋(蹴上、ささら)
    歩道橋(蹴上、ささら)
  • 歩道橋(地覆)※鋼材&コンクリート同時貼付
    歩道橋(地覆)※鋼材&コンクリート同時貼付

 
 

概 要

UVPPS工法は、紫外線硬化型FRPシートによる歩道橋や橋梁、跨線橋等の補修工法である。
従来の紫外線硬化型FRPシートに対して、含浸樹脂&貼付プライマーとして「エポキシアクリレート樹脂(ビニルエステル樹脂)」を採用することで、施工品質向上を可能とすると共に、母材のひび割れ等の外乱によるシート剥がれ抑制を可能にした。

 
 

特 長

1.高耐候性FRPシートによる補修
高耐候性の紫外線硬化型FRPシートを貼付け、紫外線硬化することで、歩道橋や橋梁・跨線橋等の補修・予防保全が可能
・耐候性試験(JSCE-K511:サンシャインアークカーボン灯式)
 3000時間後、外観、伸び保持性問題なし
※耐用年数20年以上
 
2.施工品質
・透明のFRPシート
 シート貼付時に残留気泡や端部処理不足を視認可能
・マヨネーズ状の貼付プライマー
 「接着剤」「不陸調整剤」「脱泡剤」「端部処理剤」の全ての役割を果たす貼付プライマーを標準使用
→シート密着作業を容易化し、施工品質向上(高密着貼付)脱泡や端部処理等の状態を目視確認可能

  • 脱泡前・脱泡後
  •  


    3.施工速度
    ・エポキシアクリレート樹脂の透明シート
     10分〜(太陽光)でシート硬化
    ・貼付プライマーの標準使用
     不陸調整&端部処理をシート貼付時に同時進行
     →施工期間短縮が可能
     
    4.外乱に対するシート剥がれ抑制
    シート&貼付プライマー共にエポキシアクリレート樹脂採用
    ※シートは硬化後も2%以上の伸び率を保有
    ・ひび割れ追従試験(JIS K 7164-2005)
     1.0mm以上のひび割れに追従可能
    ・耐衝撃性試験(JIS A 6916)
     1000g鉄球を50?から落下→シート亀裂や破損、剥離無し
     →さまざまな外乱に対してシート剥がれ抑制が可能

  • ひび割れ追従試験
    ひび割れ追従試験
  • 耐衝撃性試験
    耐衝撃性試験


  • 5.施工対象
    硬化前は柔軟なシートのため、さまざまな形状に適用可能
    ・鋼材&コンクリートにて、同一のプライマーを使用
    ※鋼材&コンクリート共に1.5N/mm2以上の付着強度を発揮
     →鋼材&コンクリートを跨ぐシート貼付が可能
     
    6.国内生産
    西日本積水工業(株)岡山製造所(岡山市)で製造
     →国内生産とすることで、従来の紫外線硬化型FRPシート(不飽和ポリエステル樹脂)と同等の価格を実現
     
     


    電子カタログPDF

    UVPPS工法 の資料請求はこちらから

    資料請求カートに追加

    一般社団法人SCFR工法協会
    TEL : 078-951-2154     FAX : 078-951-2154
    http://scfr.jp/

    << 商品詳細に戻る

     

    同じカテゴリの電子カタログ

    ご利用ガイド
    掲載をご希望の方へ

    カテゴリ一覧