• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 各種料金他 > 環境・災害対策資材 > 水害防備資材 可搬式特殊堤防デルタチューブ|太陽工業株式会社
  • デルタチューブ(水防演習)
    デルタチューブ(水防演習)
  • デルタチューブの構造
    デルタチューブの構造

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概要

デルタチューブは、遮水性の高いシートで製作した三角形状の長い袋体を堤体の上に設置し、
注水することによって(三角)水のうを形成し、堤防からの越水を防止する可搬式特殊堤防である。
折り畳んで収納・移動ができる軽量さと、迅速に設置できる簡易性、
そして越水や浸水を防ぐ止水性を兼ね備えたモバイルレビーであり、これまでの土のうに代わる水防ツールである。
 
2013年1月、一般財団法人日本消防設備安全センターより「消防防災製品等推奨(推奨番号:推防災第14号)」を取得した。
なお、「三角水のう」は、一般社団法人リバーテクノ研究会の開発製品である(特許出願中)。
 
 

特長

1.作業時間の短縮
  給水ポンプを用いて少人数で迅速に設置できるため、増水時など危険な場所での作業時間を短縮できる。
2.軽量化
  軽く柔軟な防水シートで構成され、小さく折り畳んで保管でき、1人で持ち運びができる。
3.繰り返し使用と耐久性
  使用後は排水し、再度使用できる。
  また、メンテナンスにより10年程度繰り返し使用できる。
4.土砂不要
  堤防の上に設置後、河川などの水を注入することで水のうが形成されるため、土砂などの充填材は不要である。
 
 

標準仕様

[大型]注水時:W200×L400×H100cm(適用水深80cm以下)
[標準型]注水時:W120×L600×H60cm(適用水深50cm以下)
[小型]注水時:W50×L300×H40cm(適用水深30cm以下)
       (支持棒設置時の幅:Wは約80cm)
 
 

土のうとデルタチューブの設置時間比較

標準型のデルタチューブは、土のう積みと比較して約1/15の時間で設置できる。
 
土のうとデルタチューブの設置時間比較
上記は実作業を元に算出した概算値(設置高さ約45cm・長さ12m当たり、作業員2名)
※吐出量約0.3㎥/分(300リットル/分)のエンジンポンプ使用時

 
 

活用事例

橋詰での摺り付け①

 
橋詰での摺り付け①
 

橋詰での摺り付け②

 
橋詰での摺り付け②
 

  • 止水性能確認
    止水性能確認
  • 耐衝撃性確認
    耐衝撃性確認

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


電子カタログPDF

デルタチューブA-50 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

太陽工業(株)
TEL : 06-6306-3056     FAX : 06-6306-1755
https://www.taiyokogyo.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧