• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

道路安全対策製品|ガイナトンネル内装シート Siラセル®シリーズ|株式会社ケー・エフ・シー

道路安全対策製品|ガイナトンネル内装シート Siラセル®シリーズ|株式会社ケー・エフ・シー

  • ガイナトンネル内装シート 施工イメージ

    ガイナトンネル内装シート 施工イメージ

  • Siラセル®シリーズ 設置イメージ

    Siラセル®シリーズ 設置イメージ


  • ガイナトンネル内装シート

    タイル張りや塗装に代わる、粘着力でトンネル覆工に設置する内装シート。
    離型フィルムを剥がして張るだけの簡単施工でトンネル内の視環境を確保し、交通の安全な誘導を図る。

     
     

    特 長

    1.強靭な粘着力
    厚300μmの粘着層が投錨効果でコンクリートにくい付く。
     
    2.覆工面の目視点検が可能
    シートに設けたスリットから覆工を目視点検できるため、マイクロスコープのような機材は不要。
     
    3.剥がして張るだけの簡単施工
    シートとカッターがあれば破損箇所の補修が可能。
     
    4.内装シートの清掃は高圧洗浄機で手軽に対応
    内装シートは家庭用高圧洗浄機で表面の汚れが落とせる。

  • 内装シートの清掃は高圧洗浄機で手軽に対応
  • 内装シートの清掃は高圧洗浄機で手軽に対応

  • 5.視線誘導ライン
    幅20㎝の視線誘導ラインを設置することにより、視線誘導効果がさらに向上する。

  • シート構造図

    シート構造図


  • 施工状況

    施工状況

  • 視線誘導ライン

    視線誘導ライン


  • Siラセル®シリーズ

    高速道路での車線規制を伴う工事における一般車両の誤進入等の異常を監視・検知する技術。
    車線規制開始部(テーパー部)をAIカメラで監視する「Siラセル®AI監視」と、車線規制の平行部を光ファイバーセンサーで監視する「Siラセル®進入検知」がある。

     
     

    Siラセル®AI監視

    危険なテーパー部を、人の代わりにAIカメラで監視。
    交通監視員の安全を守り、省人化にも貢献する。
     
    AIカメラが異常を検知すると、メールおよび警報機(オプション)で通知。
    撮影映像は常時クラウドにアップロードされ、PCやスマートフォンでリアルタイムに状況が把握できる。
    また、映像は録画されるため後日確認も可能となる。

     
     

    Siラセル®進入検知

    規制の平行部に沿って光ファイバーケーブルを敷設し、ケーブルを越えて車両が進入すると、センサーが反応し警報機が作動。
    即座に工事従業者に異常を知らせる。
     
    ケーブルを敷くことでライン状に検知エリアを設定し、幅広い範囲をカバーできる。
    また、ケーブルを敷設後は電源に接続するだけで設置が完了する。

  • Siラセル®AI監視 AIカメラ

    Siラセル®AI監視 AIカメラ

  • Siラセル®進入検知 送信機(センサー)、受信機(警報機)

    Siラセル®進入検知
    左:送信機(センサー)
    右:受信機(警報機)


  •  

    「道路安全対策製品|ガイナトンネル内装シート Siラセル®シリーズ|株式会社ケー・エフ・シー」の資料請求はこちらから

    株式会社ケー・エフ・シー メーカーの製品一覧 >

    住所 〒 105-0011 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルB館11F TEL 03-6402-8256 FAX 03-6402-8255
    HP https://www.kfc-net.co.jp/

    「道路安全対策製品|ガイナトンネル内装シート Siラセル®シリーズ|株式会社ケー・エフ・シー」

    「道路・橋梁・トンネル資材」 同じカテゴリの電子カタログ

    資料請求カートへ追加