• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

法面工|トーコンプラス工法/落石トメタロー|東興ジオテック株式会社

法面工|トーコンプラス工法/落石トメタロー|東興ジオテック株式会社

トーコンプラス工法 NETIS登録番号:CB-130011-VR / 落石トメタロー NETIS登録番号:QS-170032-A
  • トーコンプラス工法

    トーコンプラス工法

  • 落石トメタロー

    落石トメタロー


  •  

    トーコンプラス工法

    老朽化した既設モルタル・コンクリート吹付面をリニューアルする老朽化吹付法面補修工法。

     

    特 長

    1.老朽化モルタル・コンクリートのはつり作業が不要
    産業廃棄物の発生を抑制し、CO₂排出量を最大21%削減。
     
    2.地山と新旧モルタル・コンクリートを一体化
    フレームワッシャーとファスナーボルトを使用し、地山と新旧モルタルを強固に一体化できる。
     
    3.地山の風化状態に応じた豊富なバリエーション
    背面地山の風化深さに応じた施工タイプ(S・L・Rタイプ)を選定し、空洞がある場合は充填注入を併用する。
     
    4.2種類の短繊維を配合した高品質モルタル
    曲げ強度、曲げタフネス、および耐久性が大幅に向上した高品質モルタルを吹き付けることで、耐久性の高い法面にリューアルできる。
     
    5.施工後のひび割れの発生を抑制
    フレームワッシャーと短繊維の相乗効果によってクラックの発生を抑制できる。

  • SGタイプ概略図 RGタイプ概略図

    SGタイプ概略図         RGタイプ概略図


  • フレームワッシャーS フレームワッシャーR ファスナーボルト

    フレームワッシャーS     フレームワッシャーR     ファスナーボルト


  • 落石トメタロー

    崩壊する可能性のある「不安定な石」を「安定した形状の石」に変える落石予防工。

     

    特 長

    1.転石の危険度に応じた設計計算による経済的な工法
    ネット工・吹付工・接着工を複合的に組み合わせ、転石の危険度に応じた設計計算が可能で、コストを大幅に削減できる。
     
    2.基礎構造物と一体化して転石を安定化
    根固めモルタルによる基礎構造物を転石と一体化することで、地山と転石の付着面積を増加させて転石の重心位置を下げ、不安定な石を安定化できる。
     
    3.転石の状態に応じたさまざまな工法のバリエーション
    根固め基礎を構築する「簡易型」、ロックボルトを併用する「滑動防止型」、転石にロープ掛工を併用する「転倒防止型」があり、さまざまな状況に対応できる。
     
    4.300tクラス(5m×5m×5m)の巨岩転石に対処可能
    斜面上の巨岩を効率的かつ安全に抑止できる。
     
    5.転石の根入れ深さが不明な場合にも対応可能
    非破壊調査システム「オーリス」による転石の根入れ深さを計測することで、的確な対策工法を提案できる。
     
    6.高所に存在する転石に対応
    長距離・高揚程吹付工法の適用により、遠方や高所の施工箇所にも対応できる。

  • 簡易型 概略図

    簡易型 概略図

  • 転倒防止型 概略図

    転倒防止型 概略図


  •  

    「法面工|トーコンプラス工法/落石トメタロー|東興ジオテック株式会社」の資料請求はこちらから

    東興ジオテック株式会社 メーカーの製品一覧 >

    住所 〒 104-0061 東京都中央区銀座7-12-7 TEL 03-3456-8751 FAX 03-3456-8752
    HP https://www.toko-geo.co.jp/

    「法面工|トーコンプラス工法/落石トメタロー|東興ジオテック株式会社」

    「共通工」 同じカテゴリの電子カタログ

    資料請求カートへ追加