• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

測量|高精度マルチレーザー計測システム TERASU|東亜建設技術株式会社

測量|高精度マルチレーザー計測システム TERASU|東亜建設技術株式会社

NETIS登録番号:QS-210031-A

 

  • 精度マルチレーザー計測システム TERASU 上空からの計測状況(UAVに搭載)

    上空からの計測状況(UAVに搭載)

  • 精度マルチレーザー計測システム TERASU 徒歩による計測状況

    徒歩による計測状況

  • 精度マルチレーザー計測システム TERASU 車両からの計測状況

    車両からの計測状況


  • 概 要

    移動体(UAV)、車両、人(バックパック)に搭載したLidarセンサーを用いて、地形や施設等について高密度・高精度な空間情報を効率的に計測し、GNSS/IMUとの統合解析によって得られる3次元点群データ(X、Y、Z)をもとに、2次元平面図および3次元地形モデルを作成する技術である。
     
    公共工事では、地形測量、縦横断測量全般についてその効果を発揮する。

     

    特 長

    1.新規性
    ・独自のUAVにレーザスキャナを搭載可能とした
    ・UAV以外に複数移動体(人・車両)に搭載可能
     
     
    2.期待される効果
    ・上空より面的に最大1,000,000点/秒の点群データが取得でき高密度な計測が期待される
    ・複数移動体に搭載可能なことから、目的(対象業務)に合致した計測が可能となる

  • レーザスキャナ

    レーザスキャナ

  • UAV機体

    UAV機体


  • 適用条件

    1.自然条件
    ・外気温は0℃~40℃以内であり結露していないこと
    ・天候は雨、降雪、濃霧等でないこと
    ・地上風速が5m/秒以下であること
    ・レーザー計測と同時に写真画像を取得する場合は、所定の明るさを満足していること

     
     

    2.現場条件
    ・UAV計測:原則対地高度150m以下で飛行できること
    ・車両、人による計測:通行が確保でき、計測対象物がセンサーから1.2m以上420m未満の範囲内で計測できること
    ・常時衛星情報を取得できること

     
     

    3.技術提供可能地域
    全国

     
     

    適用範囲

    1.適用可能な範囲
    地形・地物測量

     
     

    2.特に効果の高い適用範囲
    ・山林や人の立ち入りが厳しい高所や急傾斜地等を計測したい場合
    ・移動しながら(車両等)の3次元計測も可能であることから、道路両脇(上下方向含む)の構造物・地形等を空間的に把握したい場合

  • 点群取得状況

    点群取得状況


  • ※詳細は同社ホームページの
     ホーム>業務内容>計測調査 を参照のこと。

     
     

     

    「測量|高精度マルチレーザー計測システム TERASU|東亜建設技術株式会社」の資料請求はこちらから

    東亜建設技術株式会社 メーカーの製品一覧 >

    住所 〒 819-0046 福岡県福岡市西区西の丘1-7-1 TEL 092-892-7711 FAX 092-892-7731
    HP https://www.toa-ct.co.jp/

    「測量|高精度マルチレーザー計測システム TERASU|東亜建設技術株式会社」

    「調査試験」 同じカテゴリの電子カタログ

    資料請求カートへ追加