• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

気象調査|リアルタイム洪水予測システム RiverCast®(リバーキャスト)|株式会社構造計画研究所

気象調査|リアルタイム洪水予測システム RiverCast®(リバーキャスト)|株式会社構造計画研究所

  • RiverCast® システムイメージ図

    システムイメージ図

  • RiverCast® システムイメージ図


  • 概 要

    豪雨が頻発する昨今、河川内外の工事における適切な安全管理が課題となっている。
    また出水期の工事では作業遅延の懸念も大きく、安全と工程の両立が一層求められている。
     
    同社は業界に先駆けて、増水の危険性を15時間先まで予測し、監視をサポートする洪水予測システムを開発した。
    一企業・一自治体による手軽な導入を実現し、全国の主要な地方整備局発注工事で多数採用されている。
    NETIS登録申請中。

     
     

    機 能

    本システムでは、水位計の観測水位と流域全体の気象庁の予報雨量データを取得し、水位観測地点における水位予測計算をリアルタイムに実施する。
    予測結果は専用Webサイトに表示し、スマートフォンでの閲覧も可能。危険が迫った時のメール通知機能は、複数拠点での情報共有にも役立つ。

     
     

    特 長

    「いつ」「どこで」「どのくらい」の危険が迫っているのか?工事現場周辺の水位上昇・下降見込みを定量的・確率的に示し、オペレーションを支援する。

     
     

    1.従業員の安全確保、重機・資材の浸水回避をサポート

    作業の危険度に応じて複数のアラート水位を設定可能。
    先を見通して、作業中止や再開見込みを合理的に判断できる。

  • 従業員の安全確保、重機・資材の浸水回避をサポート


  •  

    2.ピンポイントな予測で、見逃し防止・空振り低減

    ・東京大学と共同開発した高精度予測
    システムの中心となる水位予測技術は、東京大学との共同開発・共同特許。
    未経験の出水規模に対しても予測が可能であり、データの蓄積に伴い年々予測精度が向上する。
     
    ・天気予報の誤差を考慮した確率的な予測
    過去の統計に基づいて予報雨量の誤差を補正し、幅をもった予測を行う。
    複数のアラート水位に対する超過確率は、増水規模の見通しにも活用される。

  • 超過確率グラフ

    超過確率グラフ

  • アラートメール例

    アラートメール例



  •  

    3.全国約15,000地点で予測が可能

    国・都道府県管理の水位計に加え、洪水時の観測に特化した新しい水位計(危機管理型水位計)にも対応。
    工事現場の地理的特性を踏まえ、適切な予測地点が選定される。

     
     

    4.100件以上の入札提案実績

    ・落札後の発注で、スピード導入
    現地測量などは不要で、過去の水位・雨量データのみから予測モデルを構築し、発注から約1ヵ月で利用開始できる。
     
    ・増水事例の振り返りレポート
    顕著な増水が生じた場合には、当時の予測結果を取りまとめた資料が後日提供され、関係者への説明にも使用される。

     
     

     

    「気象調査|リアルタイム洪水予測システム RiverCast®(リバーキャスト)|株式会社構造計画研究所」の資料請求はこちらから

    株式会社構造計画研究所 メーカーの製品一覧 >

    住所 〒 164-0011 東京都中野区中央4-5-3 TEL 03-5342-1252 FAX 03-53421536
    HP https://www.kke.co.jp/

    「気象調査|リアルタイム洪水予測システム RiverCast®(リバーキャスト)|株式会社構造計画研究所」

    「調査試験」 同じカテゴリの電子カタログ

    資料請求カートへ追加