• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 共通工 > 法面緑化工 バイオ・オーガニック工法/エコアップ緑化工法|日本特殊緑化協会
NETIS登録番号:CG-980020-V
  • バイオ・オーガニック工法(施工16年後)
    バイオ・オーガニック工法(施工16年後)
  • エコアップ緑化工法(施工6か月後)
    エコアップ緑化工法(施工6か月後)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

バイオ・オーガニック工法

自然回復緑化・自然侵入促進工に対応した客土注入マット工。
自然を育てる緑化工法であり、国内最大の施工実績(平成27年度末現在:2,600,000㎡)を有する。
 
法面上に耐久性のある特殊袋状マット(ソウケンフォーム)を敷設し、アンカーピンで固定した後、
その中に種子および植物の永続性を考慮した特殊有機質資材(ソウケンオーガⅠ・Ⅱ)と
特殊生育基盤材(オーガニック用土)を水と混合し、客土注入機械にて袋状マットに圧送・注入する。
これにより、浸食作用を受けない注入基盤(生育基盤層)が造成され、
土砂から岩盤までの無土壌地、急な斜面にも長期間安定した法面保護を可能とし、自然の回復を促進する。
表層浸食が著しい法面の生育基盤層を施工直後から保護する。
NETIS登録:CG-980020-V
 
バイオ・オーガニック工法
 

  • ソウケンフォーム敷設状況
    ソウケンフォーム敷設状況
  • 植生基材注入状況
    植生基材注入状況

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

エコアップ緑化工法

生物多様性に配慮し、森林表土に含まれる埋土種子を活用した自生種復元緑化工法。
森林表土利用工に対応し、平成26年度末施工実績は77,000㎡である。
 
森林表土に含まれる埋土種子や再生可能な根茎・塊茎等を緑化材料として用い、
さらに法面保護効果を高めるために、客土注入マット工を併用した緑化手法。
施工地周辺から採取した森林表土(埋土種子等)を特殊袋状マットに圧送注入することで、
地域系統に由来する植物を導入した植生基盤層を造成でき、
浸食が著しい法面や岩盤、無土壌地にも長期間安定した法面を実現し、自然遷移を促す。
 
地域性系統による緑化が可能なので、侵略種による生態系の撹乱や、雑種形成による浸透性交雑等の遺伝子レベルの撹乱を防ぐ。
成立する植物群落の種組成が多様であるため、生物多様性の保全が可能である。
自然公園やダム湖周辺など、自然環境上重要な地域での活用に最適である。
NETIS登録:QS-050010-V
※2015年11月登録終了
 
エコアップ緑化工法
 

  • 表土吸引状況
    表土吸引状況
  • 表土回収状況
    表土回収状況

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


電子カタログPDF

バイオ・オーガニック工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

日本特殊緑化協会
TEL : 011-816-0017     FAX : 011-812-4408
http://www.jsra-web.com/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧