• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

地質調査|簡易型のり面地質調査工法 ソイルサンプラー工法|ソイルサンプラー工法研究会

地質調査|簡易型のり面地質調査工法 ソイルサンプラー工法|ソイルサンプラー工法研究会

NETIS登録番号:(旧)KT-150099-A

 

ソイルサンプラー工法

ソイルサンプラー工法

ソイルサンプラー工法 施工事例:軌道上での調査

施工事例:軌道上での調査


概要

のり面地質調査の「ソイルサンプラー工法」は、経年変化等によって老朽化したモルタル・コンクリート吹付工の背面・地山からコアを採取し地質構成を直接観察できる地質調査工法。
採取したコアにより硬さ、色、地盤構造、風化深度など多くの情報を得られ、法面の崩壊・崩落などの災害を未然に防ぐ対策工の設計に反映できる。

 
 

特長

・地質調査機は小型・軽量で、引き上げ用の車輪(収納式)、簡易足場を装着しているため、モノレール・索道による現場内小運搬、足場の設置が不要であり、コストダウンとともに工期や交通規制を大幅に削減できる。
 
・調査機の設置は、小型ウインチで調査地点まで引き上げ、コンクリートアンカー等で吹付面(壁面)に固定する。
 また、ウインチおよびアンカーによる二重の固定機能を有することで、施工性とともに安全性に優れている。
 
・表層崩壊の地質調査に対応できる5m程度のせん孔が可能である。
 また、のり面(地表面)に対し直角なコアの採取とともに、立地条件や勾配、地質など変化が著しいのり面に対して、多点調査が容易にできる。

老朽化のり面概要図

老朽化のり面概要図


老朽化のり面の調査フロー

老朽化のり面の調査フロー



 

●吹付体コア抜き調査
吹付体の厚さ、空洞の程度、風化状況を確認。
必要に応じて強度試験、中性化試験を行う。

老朽化のり面の調査フロー

吹付体コア抜き

吹付体コア(15cm)

吹付体コア(15cm)

空隙状況確認

空隙状況確認



 

●のり面地質調査(ソイルサンプラー工法)
地質調査機(ソイルサンプラー)を用いて、モルタル吹付背面・地山の緩み、風化深度、岩組織、亀裂などを調査する。
対象となるのり面の形状、変状箇所、コア抜きの結果等から、地山の風化が進行している箇所を特定し調査する。

せん孔状況

せん孔状況

採取した試料(コア)

採取した試料(コア)


 

「地質調査|簡易型のり面地質調査工法 ソイルサンプラー工法|ソイルサンプラー工法研究会」の資料請求はこちらから

グリーンポケット協会 メーカーの製品一覧 >

住所 〒 377-0003 群馬県渋川市八木原224-14 (株)高特内 TEL 0279-23-6117 FAX 0279-23-3913
HP https://www.gpa.gr.jp/

「地質調査|簡易型のり面地質調査工法 ソイルサンプラー工法|ソイルサンプラー工法研究会」

「調査試験」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加