• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

軟弱地盤処理工|スクリュー・プレス工法|スクリュー・プレス工法協会

軟弱地盤処理工|スクリュー・プレス工法|スクリュー・プレス工法協会

スクリュー・プレス工法 施工写真

施工写真

特殊スクリューによる圧密現象

特殊スクリューによる圧密現象



 

概要

地震が多く発生する日本では、地震による建物への影響が懸念されており、特に柔らかい粘土の上に建てられている家屋は多く存在する。
従来は、軟弱地盤の強度を高めるためセメント柱状杭や鋼管杭が用いられていたが、地震発生時のせん断力により杭が折れ、建物の重さに耐えきれず地盤が沈下したり、地震波が杭を通じて建物に大きな被害を与えたりする可能性が危惧されている。
 
同工法は、小規模建築物や土木構造物などに対するセメントを使用しないエコな地盤改良技術であり、専用施工機によって軟弱地盤を柱状に掘削し、この掘削孔に砕石を締め固めながら充填し、柱状の砕石補強体を築造することで、この補強体と原地盤の支持力を複合させて利用する新しい地盤補強工法である。
残土を排出しない特殊な掘削方法と砕石投入時の強力な押圧力で地盤全体を締め固めるため、滞水砂層に対する低コストで効果的な液状化対策工法として住宅のみならず工場や店舗土間、駐車場、公園、L型擁壁、ボックスカルバートでも採用可能である。

スクリュー・プレス工法 概要



 

特長

1.地震に強い地盤づくり
同工法は、ネジくぎの原理で、スクリュー自身の体積分の土を周辺に押し固めていく圧密現象を生じさせることで、より強固な地盤を形成する。

 

2.地盤改良コストの削減
専用施工機を使用することで、掘削残土の発生がなく従来工法に比べ施工時間が大幅に短縮することが可能。
また、リモコン操作であるため2名での施工ができ、人件費を抑え、スピード施工の向上が期待できる。

 
 

施工工程

1.スクリュードリルを回転しながら地中に挿入。
 
2.周囲の土は圧密により押し固められ支持力向上。
  空気を送りながらドリルを引抜パイル上の空洞が完成。
 
3.500㎜程度単粒砕石を投入し、専用の押圧ロッドにより押圧。
 
4.押圧ロッドに大きな押圧量で砕石をしっかり圧入。
  砕石投入量は掘削体積に対し、1.2~2倍投入する。
 
5.GLまで砕石柱を形成し、最後に設計荷重以上の荷重で押圧を行い、沈下しないことを確認する。

 
 

液状化対策

建造物に対する地盤改良だけでなく、公園などの地盤改良にも対応しており、公園全域の液状化対策での実績もあり、幅広い対応が可能である。

千葉県海浜公園全域液状化対策工事(2016年施工)

千葉県海浜公園全域液状化対策工事(2016年施工)



 

 

「軟弱地盤処理工|スクリュー・プレス工法|スクリュー・プレス工法協会」の資料請求はこちらから

スクリュー・プレス工法協会 メーカーの製品一覧 >

住所 〒 935-0037 富山県氷見市上泉51 (株)グランテック内 TEL 0766-30-2372 FAX 0766-30-2566
HP https://www.screw-press-a.com/

「軟弱地盤処理工|スクリュー・プレス工法|スクリュー・プレス工法協会」

「共通工」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加