• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 付属施設 > 雪崩発生予防柵設置工 鉛直型雪崩予防柵Δone(デルタワン)/小段拡幅雪崩予防工スノテップ/吊柵式スノーガード|東京製綱株式会社
  • 鉛直型雪崩予防柵Δone(デルタワン)
    鉛直型雪崩予防柵Δone(デルタワン)
  • 小段拡幅雪崩予防工スノテップ®
    小段拡幅雪崩予防工スノテップ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鉛直型雪崩予防柵Δone(デルタワン)

従来の雪崩予防柵とは異なり、法面に対して鉛直に設置することで雪庇の発生が抑制され、雪庇発生によるリスクを低減し、法尻周辺にある道路や民家などの安全性を向上する。
 
また、支持ロープを必要としないことから、省スペースで設置することができ、積雪の沈降力による柵本体の起き上がりや転倒の心配もない。
 

特長

1.法面に対して鉛直に設置することで雪庇の発生を抑制
降雪が法面と平行に積もるため、雪庇の発生が少なくなる。
これにより雪庇の崩落を抑制し、法尻付近の道路や民家の安全性が大幅に向上する。
また、雪庇除去作業が不要となるためコストダウンにも貢献する。
2.積雪の沈降力による柵本体の起き上がりや転倒がない
従来の雪崩予防柵は積雪の沈降力により支持ロープに荷重がかかり、転倒による破損が発生することがあったが、本製品は支持ロープを必要としないため、転倒や破損等の心配がない。
3.道路側から見上げた時の圧迫感がない
本製品は法面に対して鉛直に設置するため、法尻方向に倒れかかるように雪圧を受け止める従来の雪崩予防柵のような不安感や圧迫感がない。
4.吊ロープを使用しても省スペースで設置可能
吊ロープを使用した場合でも、従来の雪崩予防柵と比較して柵本体からアンカーまでの距離を短くすることができるため、今まで設置が難しかった狭いスペースでも設置可能。
 
 

小段拡幅雪崩予防工スノテップ

法面の積雪がある程度グラインドを起こした場合、幅の広い小段であれば雪はそこに留まり圧縮される。
せん断力に対して強い雪となるため、法面全体の積雪を安定させる。
しかし既存の小段は1.0〜1.5m程度と短い場合が多く、こうした効果を十分に得ることができない。
本工法では、小段幅を拡幅することにより、法面雪崩を高い確度で防止する。
また、四季を通じて周辺環境になじむ構造となっている。
●NETIS登録(HK-040009-VE)
●平成20年度より「少実績優良技術」指定

 

特長

1.既存の小段を利用することで経済的。アンカーも含めて小段付近での作業のため施工時の安全性も向上
2.長大切土法面、多雪地域にも高い抑止効果を発揮
3.小段のラインと重なるように設置するためシーズンを通して景観に良くなじむ
4.予防柵のようなクリープの変形が起こらず、雪庇ができにくい構造
 
 

吊柵式スノーガード

斜面上方のアンカーからワイヤーロープを吊り下げ、これに本体を取り付ける構造。
基礎の根掘りが困難など、土質条件が悪い場合にも有効である。
横の連携ができるため、効率よく雪の崩落を防止する。
 
吊柵式スノーガード
吊柵式スノーガード
 
 


電子カタログPDF

吊柵式スノーガード の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

東京製綱株式会社
TEL : 03-6366-7788     FAX : 03-3278-6870
http://www.tokyorope.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧