親杭パネル壁工法

製品情報

親杭パネル壁工法の写真

親杭パネル壁工法とは、地山へ一定間隔に打設したH鋼の「親杭」に工場製品のコンクリート「パネル」を設置し、中詰めコンクリートで一体化させた薄肉の山留め式擁壁である。長大切土法面や急峻地形での拡幅工事等において、切土や残土の発生を少なくできる工法である。壁高が高い場合はグラウンドアンカー等の控え工を併用する。

掲載誌:積算資料2021年2月号 p.518

日本コンクリート工業株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒108-0023 東京都港区芝浦4-6-14 NC芝浦ビル  TEL03-3452-1052 FAX03-3452-1123
HPhttps://www.ncic.co.jp/

規格掲載価格の条件 >

規格
親杭パネル 2-500型 2000×500mm
親杭パネル 2-1000型 2000×1000mm

資料請求カートへ追加