• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 土木工事 > 共同溝工 > 共同溝工(現場打ち) > 樹脂系シート型止水工法(KS工法)

←このボタンをクリックすると
資材カテゴリーが表示されます。

樹脂系シート型止水工法(KS工法)

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

共同溝等の地中コンクリート構造物の施工継手部からの漏水補修工法である。継手部に弾性目地材を充填し、さらに目地部全体を樹脂系防水シートで覆う二重構造である。樹脂系防水シートは、柔軟性に優れるとともに構造物のコンクリートに強固に接着されるため、地震等による構造物の変位にも追従する。継手目地部からの漏水が発生した場合でも、防水シートで受け止めるため、構造物内への漏水を防止することが可能である。

NETIS  KK-180020-A

  • 一括資料請求リストに追加

エヌ・ティ・ティ・インフラネット株式会社
TEL : 03-6381-6446     FAX : 03-5823-6058
http://www.nttinf.co.jp/

メルマガ登録

PR

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王